バスケのハンドリングの練習をしたいけど、今日は練習が休みで体育館が使えない。

ボールハンドリングはバスケにおいて重要な技術ですので、家でもボールハンドリングの練習をしたいところです。

そんなときでも家で出来るハンドリング練習メニューについて紹介していきます。

1.ボール振り子

ボールを片手で持ち上げて勢いよく反対の手に持ち替えてまた持ち上げます。振り子のように一定のリズムで一連の動作を繰り返します。

ボールを振るときの勢いが弱くなると手からボールが落ちてしまうので注意が必要です。また振るときに手首を巻き込むような形にします。

家の中ですので、大きくボールを振り回して電球に当たったりしないように気をつけて下さい。

2.八の字もも上げ

立った状態で片方のももをあげて持ち上げたももの下にボールを通します。素早く持ちかえるようにしてください。

ボールを通した後は、また反対のももをあげてボールを通します。ももを連続で上げるので足の筋力トレーニングにも最適です。

3.腹筋もも上げ八の字

寝たままの状態でももを持ち上げてももの下にボールを通します。寝たままの状態で腿上げると腹筋を使うため、こちらは腹筋の筋力トレーニングにも最適です。

4.ボールまわし

頭・胸・腹・足など体のまわりをボールを回します。ボールをまわすときは前を見てスピードをあげてやってください。

ボールまわしの上級者はボールをまわしているのが見えないくらいに早くまわすことが出来るので、そのレベルまでいきましょう。

5.イメージトレーニング

家の中で実際にボールがなかったり、使えなかったりする方にはイメージトレーニングが最適です。

ボールの感触を思い出しながら、練習メニューをやっているところを頭でイメージします。ボールがない状態でも体だけを動かすという手もあります。

またイメージなので、試合中であることをイメージして、試合の中で自分がイメージしたとおりに動いているところをイメージします。何度も繰り返すことによって、本当に頭でイメージしたことが出来るようになっています。

6.まとめ

家の中で出来るトレーニングなので、テレビを見ながらでもいいのでやってみましょう。また家の中だけでやるのはもったいないので、公園でもどこでも暇を見つけてやってみましょう。

バスケがうまくなりたい方はとにかくボールを触ってボールの感覚を手になじませていきましょう。

  • バスケ初心者の方の楽しい練習メニュー
  • バスケの筋トレ初心者編
  • バスケが上達するための初心者の基礎練習法
  • 初心者がバスケを一人で練習するときの方法
  • バスケの手首の使い方トレーニング
  • バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。 1...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは肘の使い方によって、速いパスが出来るか変わってきます。 例えばチェストパスなどは、パスをだす際に肘を大きく曲げると思いますが、...
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...
バスケが上達するトレーニング法
バスケでは試合中に全力疾走する場面が多いです。バスケはスピードがあればあるほど、1対1の場面では有利になります。今回はスピードを鍛えるための...