バスケだけでなく、他のスポーツでもよく使われるフォロースルーです。実はジャンプシュートのときでも非常に大事です。このことについてお話します。

1.フォロースルーってどんな役目

バスケのジャンプシュートにおいて、フォロースルーとは、シュートを打った後の最終姿勢です。これが出来ているのと、いないのとではシュートの成功率にも影響してもきます。

では、なぜフォロースルーが必要なのでしょうか。

スポンサーリンク


まず、シュートを打ち終わった最終の形は、手首が、バスケのリングの方向にきちんと向いているか否かで、きちんとした方向にボールが、飛んでいるかがわかるということです。

このフォロースルーがないと、きちんとその方向に飛んでいるか否かが、自分では解りません。ですから、しっかりとフォロースルーを行い、ジャンプシュートのシュート確率を上げ、上達していく必要があります。

フォロースルーが、完成していると自分のジャンプシュートの出来不出来が、自分でわかってもきます。

例えば、フォロースルーが、いつもより低いとします。当然ボールが、リングに向かう軌道も低くなります。

よってシュート確率が、下がります。このようにフォロースルーを確立するということは、バスケのジャンプシュートを上達させるのに、非常に重要に成ります。

2.フォロースルーを確立するために

フォロースルーを確立する為には、いったいどのようなことをすればよいのでしょうか。

実は、普段の練習で意外と上達するきっかけが、あると思います。本来、練習は二時間くらい、行います。

では、試合ではどうでしょうか。試合は、10分×4クオーターです。試合のほうが、練習よりも圧倒的に時間が短いです。

ここに、フォロースルーの練習をするのによい状況が、生まれてきます。

実際にバスケにおいて、ジャンプシュートの練習は、色々な場面で行われます。整理運動前に20本、シュートが決まるまできちんとした方法で、ジャンプシュートを行ってみてください。

実は、身体が疲れていないときは、フォロースルーを意識しなくても、行えていることが多いです。

1番疲れている最後に、この練習を行うことが、重要です。きっちり自分がジャンプシュートを出来ているか否かを、考えながら反復練習をして下さい。

バスケのジャンプシュートを上達させるのには、時間もかかります。練習の毎度にこれを行うことによって、ジャンプシュートのフォロースルーを確立してください。

バスケの練習の最後にきっちりと、この練習を行っていけば、試合の時には、そんなに崩れないでジャンプシュート、フォロースルーが、できるようになっていると思います。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのリバウンドが上達するコツ
今回はバスケのリバウンド時のスクリーンアウトについて紹介していきます。 バスケはリバウンド時にボールを取りに行くタイミングが一番大事とを考え...