今回はバスケのオフェンスの練習について紹介します。

1.オールコート2メン&ラン

2人が速攻を走っているときを想定した練習です。オールコートの端から二人でパスだけで、反対ゴールまで進みシュートをします。パスをするときに走るスピードを落とさないようにします。

2.オールコート3メン&ラン

3人が速攻を走っているときを想定した練習です。オールコートの端から三人でパスのみで反対ゴールまで進みシュートします。

3.ハーフコート1対1

オフェンスの1対1の力を伸ばす練習です。ボールをディフェンスにとられると攻守交代します。パスをするプレーヤー一人とオフェンス・ディフェンスの2人がコートに立ちます。

オフェンスはディフェンスをカット等を使って振り切ってボールをもらうようにします。

4.ハーフコート2対1

速攻時のミスマッチを意識した練習です。シュート成功までの制限時間を設けます。

ペナルティとしてオフェンスが失敗したら、デフェンス側に交代します。ディフェンスは守りきるまで、交代できません。

5.ハーフコート2対2

スクリーンを使っての動作を意識した練習です。ペナルティとしてオフェンスが失敗したら、デフェンス側に交代します。ディフェンスは守りきるまで、交代できません。

6.ハーフコート3対2

速攻時のミスマッチを意識した練習です。こちらもシュート成功までの成功時間を決めて練習します。

ペナルティとしてオフェンスが失敗したら、デフェンス側に交代します。ディフェンスは守りきるまで、交代できません。

7.ハーフコート3対3

スクリーンやカットインを意識した練習です。ペナルティとしてオフェンスが失敗したら、デフェンス側に交代します。ディフェンスは守りきるまで、交代できません。

8.ハーフコート5対5

セットオフェンスを意識した練習です。ナンバープレー等の確認時にも練習します。デフェンス側もゾーンディフェンスをするなど、変化をつけるようにしてください。

ペナルティとしてオフェンスが失敗したら、デフェンス側に交代します。ディフェンスは守りきるまで、交代できません。

9.まとめ

上記の練習メニューはそれぞれバスケの試合中のシーンを抜き出して練習する形になります。練習時は試合のどういうシチュエーションのときを想定した練習かを意識すると、バスケの試合中のオフェンスの状況判断が良くなって来ます。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケットボールの練習メニュー関連コラム
あなたはバスケットボールをどのようなスポーツだと思っておられるでしょうか。 きれいにドリブルをして、綺麗にシュートを打つ、そんな個人的な要素...
バスケが上達するトレーニング法
バスケにおいてセンターの存在は、非常に重要です。比較的背の高い人が、この役目を行うのですが、初心者の方の中で背の高い人がいたらセンターを担う...
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...