バスケのパスはボールを移動させるための最善の技です。どんなにドリブルが早くても、パスよりもボールを早く移動させることはできません。

今回はバスケのパスの種類について紹介します。

1.チェストパス

バスケのもっとも基本的なパスです。ボールを胸の中心から両手で前に送り出します。パスを出すときは手首のスナップをきかしてボールに回転を加えてください。

スポンサーリンク


パスを出す相手の胸の位置を狙って放ちます。パスを受ける側は旨の位置に両手の指を広げた状態で用意してキャッチします。

2.ワンハンドプッシュパス

ワンハンドプッシュパスはチェストパスの応用になりますが、体の真ん中からパスをするのではなく、横に構えたボールをパスを出します。

パスをだすときは片手でボールを押し出すように放ちます。いろいろな構えから出せるパスなので、試合中一番使用することが多くなります。

パスを出すときは相手の胸の位置目掛けて放つようにしてください。

3.バウンドパス

バウンドパスはチェストパスやワンハンドプッシュパスをする際に、ボールを地面に向けて、跳ね返えりを利用してパスをします。

主にパスの進行方向を変えることによって、ディフェンスの穴を通す時に使われます。

ボールを投げる力加減が進行方向に影響を及ぼすので、力加減の感覚をつかむ必要があります。こちらも跳ね返ったボールが旨の位置に来るように放ちましょう。

4.オーバーヘッドパス

オーバーヘッドパスはサッカーのスローインのように頭の上からボールを両手で投げるパスです。体全体を使ってパスをすることで、遠くまでパスを飛ばせることができます。またディフェンスの手が届かないような高さでパスをすることもできます。

5.ビハインドパス

ビハインドパスは背中ごしにボールをパスします。ディフェンスの意表をついてパスをするときに使います。ボールを見ないでパスするのでかなりのボールハンドリングが必要ですが、パスが決まると流れを変えるようなスーパープレイになります。

6.まとめ

このようにパスの種類はいくつかありますが、試合中に使うパスは2〜3個くらいになります。

パスを出すときはオフェンスとディフェンスの位置関係を把握していくつかの種類の中から最適なパスを選ぶ必要があります。

すばやい状況判断が必要になってくるので、どのパスを選ぶかは体に覚えさせる必要があります。反復練習が大事ですので、きちんと練習して習得しましょう。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケでは試合中に全力疾走する場面が多いです。バスケはスピードがあればあるほど、1対1の場面では有利になります。今回はスピードを鍛えるための...
バスケの練習メニュー
バスケのシュートやパスは手を使って行うスポーツです。 特に手首のスナップはよく使うので、バスケにとって必要なトレーニングになります。 今回は...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。 ...
バスケが上達するトレーニング法
今回はバスケのメンタルトレーニングについて紹介していきます。バスケは逆転がかかったフリースローなど、非常にプレッシャーがかかる場面があります...