今回はバスケのパスアンドランについて練習メニューについて紹介します。

パスアンドランとはボールをパスしたあとにその場にとどまらずに動くことで、スペースやノーマークをつくることです。これらの動きを覚えるための練習メニューについて紹介します。

1.カット

ボールをパスしたあとにゴール側にきれこむ動きを覚えます。両サイドに二人が立ち、パスをしたあとゴールに切れ込みます。再度、切れ込んだ選手にパスしてしてシュートまで持ち込みます。

パスしたプレーヤーは、カットしたところにスペースが出来るので、そこに移動します。意識する点としてはバスケはゴールに近づくことが一番怖いことなので、ゴールに向かって走りこむことです。

2.スクリーン

スクリーンを行い、味方をフリーにします。オフェンス三人にディフェンス三人がコートに立ち、ボールマンがパスをしたらもう片方の選手に対してスクリーンをおこないフリーの選手をつくります。

フリーの選手にパスをしてそのままシュートをうちます。スクリーンをかけるプレーヤーは手を胸に当て手で相手を押さないようにし、スクリーン中は動かないように気をつけてください。

3.ピック&ロール

オフェンス二人とディフェンス二人がコートに立ち、ボールをもっているプレーヤーがパスをしたらパスをした選手に対してスクリーンに行きます。

ボールマンはスクリーンを使ってゴールに切れ込みます。一方スクリーンをしたプレーヤーのはスクリーンが成功したらゴール側に切れ込みます。

ディフェンスがどのように動くかによって、どちらかのプレーヤーはフリーになるのでそのままシュートに行きます。スクリーンをするプレーヤーはしっかりとディフェンスをひっかけたのを確認してから動くようにしてください。

4.オールコート2メン&ラン

2人が速攻を走っているときを想定した練習です。オールコートの端から二人でパスだけで、反対ゴールまで進みシュートをします。パスをするときに走るスピードを落とさないようにします。

5.オールコート3メン&ラン

3人が速攻を走っているときを想定した練習です。オールコートの端から三人でパスのみで反対ゴールまで進みシュートします。

6.ドリブルなしの5対5

ドリブルを禁止して5対5を行います。ノーマークの選手を作らないとシュートまでいけないため、必然的にパス&ランの動きを行う必要が出てきます。

これらのバスケのパスアンドランの練習メニューをこなすことで、パスアンドランの動きが自然に出来るようになります。

  • バスケのパスを指導する際の注意点
  • バスケ初心者のパスの練習
  • バスケのあなたでも出来るトリッキーパス
  • バスケのパスタイミングをつかむ練習メニュー
  • バスケのパスに必要なセンス
  • バスケのリバウンド後のパス
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケをしている人なら、スピードのない選手でも、ドリブルで抜くところを見たことがあると思います。 なぜ、スピードがなくてもディフェンスを抜け...
バスケの基礎知識とルール
バスケは、実は体育館だけでなく外でも出来るスポーツです。今回は、バスケリングが公園にあったり、外にコート自体が合ったりしたときの初心者の方の...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはジャンプ中のバランスが大事になります。 空中のバランスには体幹を鍛える必要があります。 今回はバスケのリバウンドに必要な...
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...
バスケのパスが上達するコツ
パスは、バスケにおいてシュート、ドリブルと同様に大切な動きです。今回は、初心者の方に基本的なパスとその練習をお話します。 1.パスの種類って...