アイソレーションとは、オフェンスの中でも一人の人が攻めるということです。

基本は、チームの中で一番得点力のある人がやっています。

女子バスケにも男子バスケでも使うことはありますが、アイソレーションをやろうとすると相手にすぐ読まれてしまうので、何回もアイソレーションをすることは厳しいでしょう。

アイソレーションを特定の人だけではなく試合でチームみんなできるようにしっかり練習をしておきましょう。

スポンサーリンク


今回は、ディフェンス戦術「アイソレーション」について紹介していきたいと思います。

1.オフェンスの基礎をおさえる

オフェンスの基礎とも言われている、ドリブルとパスが出来なければいけません。

しっかり練習して上達していきましょう。

アイソレーションをするには、ドリブルが出来ていないといけません。

女子バスケに多いのは、利き手のドリブルしか出来ていないことです。

ドリブルの練習をして攻めることが出来るようになりましょう。

日頃から練習をおこたらないようにしておきましょう。

2.アイソレーションとは

オフェンスで、攻める人を決めます。

その人中心で攻めていきます。

攻めるために味方が、スペースを開けるようにしておきましょう。

スペースを開けることによって、攻める人が攻めやすくなります。

女子バスケに多いのは、スペースをみんなで開けることが出来ていないことです。

攻める人のためにもしっかりスペースをみんなで開けれるようになっておきましょう。

みんなで練習をすれば上達もしていきます。

そして、チームワークもよくなっていくので、ちゃんと練習をしておきましょう。

チームプレーが出来れば幅広くプレーできます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

練習をおこたってしまうと試合で通用できなくなります。

そのためにもしっかり練習をしておきましょう。

3.まとめ

アイソレーションをするには、チームでの練習も必要になってきます。

チームで練習をしてしっかりチームプレーが出来るようになっておきましょう。

チームで協力をしておかないとアイソレーションはできません。

しっかりチームでの練習をおこたらないようにしておきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

努力をすれば必ず報われます。

試合で使えるように、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • ポストプレー時の守り方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • マンツーマンディフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス戦術「ダブルチームとは?」/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス時のボディチェックの重要性/女子バスケが上達する練習メニュー
  • センターディフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • ディフェンス戦術「アイソレーションとは?」/女子バスケが上達する練習
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは相手にボールを投げる動作ですので、自分一人だけでは完結しません。チームプレイが必要となります。 正確なパスが出来ないとディフェ...
バスケが上達するトレーニング法
サーキットトレーニングとは決められた練習メニューを反復して行うことで、少ない時間でも毎日繰り返すことでバスケの練習効果をあげることが出来ます...
バスケが上達するトレーニング法
バスケにとって視野は非常に重要な能力です。視野はトレーニングをすることによつて伸ばすことが可能です。 今回はバスケの視野をきたえるトレーニン...