シュートの種類は、たくさんあります。

色んなシュートができるようにしっかり練習をしておきましょう。

色んなシュートができるとシュートを打てる幅が広がります。

女子バスケに多いのは、色んなシュートができないことです。

たくさんのシュートが打てるようになればディフェンスも守りにくくなります。

しっかり練習して色んなシュートができるように上達していきましょう。

今回は、代表的なシュートを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.シュートの基礎をおさえる

代表的なシュートを覚えるには、基本的なシュートが出来なければなりません。

しっかり基本的なシュートフォームからおぼえておきましょう。

シュートフォームがわかってきたら、色んなシュートを少しずつ覚えていきましょう。

女子バスケに多いのは、色んなシュートができないとこです。

色んなシュートが出来れば、シュートが打てる幅が広がります。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

2.シュートの種類

・レイアップシュートは、誰でもできるようになっておきましょう。

・ジャンプシュートは、台形くらいでのシュートになります。

・ロングシュートは、3ポイントシュートを打つときにつかいます。

シューターの人は、スリーポイントは打てるようになっておきましょう。

・フックシュートは、センターの人は特に出来るようになっておきましょう。

・バックシュートは、誰でも出来るようになっておきましょう。

1対1で攻めたときに使うときがあります。

女子バスケに多いのは、ロングシュートが苦手な人がいます。

ロングシュートが打てるようになれば色んなところからシュートが打てるようになります。

3.トレーニングをこなす

シュートを打つときに体感が必要です。

女子バスケに多いのは、体感がないことです。

体感がないとジャンプしたときふらついたり相手との接触があった場合にシュートが決めれないからです。

体感があれば多少ぶつかられたりしてもふらついたりせずにシュートを決めることができます。

4.まとめ

シュートの種類を増やすには日頃からの練習が必要です。

しっかり練習をして色んなシュートが打てるようになりましょう。

上達してきたら、レベルを上げていきましょう。

日々の練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

練習をすれば必ず結果に繋がっていき試合で通用するようになります。

チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケではリバウンドをした後は、ディフェンスの時は速攻のチャンスが出来るため、早く前の選手にパスをする必要があります。 また、オフェンスの時...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスはチームプレーによってフリーのチャンスを作り出すことが出来ます。 スクリーンを使うことで相手のディフェンスを乱し、フリーの...