バスケットボールが上達したい場合は基本技術であるドリブル、パス、シュートの3つを上達させる練習メニューをこなすことが大事です。

しかしバスケットボールの基礎は少しコツがいるのが特徴で、我流でがむしゃらに行うことでは上手くなりません。

ドリブルが上手くできない方は肘や手首だけで行っている傾向があり、ボールに勢いが無くなりコントロールもしにくくなってしまいます。

スポンサーリンク


肩を柔軟にして肘から手首と連動させ、手首のスナップと指先の動きでボールを正確にコントロールすることが大事です。

出来るだけ指先はを開くと、バウンドさせたボールが手の平に吸い付くようにできるようになります。力を入れすぎずリラックスして行うこともドリブル上達のコツです。

バスケットボールはパスをつなぎながら味方と一緒にゴールを目指すスポーツですので、パスも大切なポイントです。パスが上達しない時は、親指が真っ直ぐ突き出されているかどうか確認してみましょう。

ボールの持ち方は真横からではなく自然な感じで手前側を持つことですので、コントロール良く投げられるポイントを探してみましょう。

出来るだけ指を開くように、右手と左手の人差指と親指で正三角形を作るイメージで行います。出す方向に向かって親指を突き出すイメージで、腕をしっかり伸ばし切るとスピードあるパスを出すことができます。

シュートには色々な種類がありますが、最も基本の技が「レイアップシュート」です。ドリブルしながらゴールに近づきボールをゴールに置くようにする方法で、ランニングシュートやドリブルシュートと呼ばれることもあります。

ボールを投げるのではなくリングに置いてくる感覚をつかめるまで、最後までリングを見ながらリングにボールが触れないように練習します。速度によって打ち方も変わるので、ゴールに向かう速度や角度を変えて練習することも大切です。

試合の時にはディフェンスにブロックされてしまうことが多いので、ボールにスピンをかけてボードの高いところに当てる方法も活用できるでしょう。

レイアアっプシュートが打てるようになったら、両足で踏み切るホップシュートを覚える方法もあります。ホップシュートは飛距離も伸ばし、シュートスピードも早くなるシュート・スキルです。

いいシュートフォームとは、第一に左右の体のブレを少なくすることですので気をつけて行ってみましょう。

なかなかバスケットボールがうまくならないという場合は、このようにドリブル、パス、シュートから練習してみることをお勧めいたします。

確実に基礎が身に付いてからだと、ピボットなどのフットワークも体に馴染ませやすくなります。無駄のないトレーニングで効率的に上達して、バスケットボールをプレイする楽しみを広げていきましょう。

  • ゾーンディフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • リバウンドを成功させるための筋トレとは? | バスケが上達する練習メニュー
  • バスケットボールの3つの基本から始める練習メニュー
  • バスケットボールがうまくなるための練習メニュー
  • 勝ちやすくなるバスケットボールの練習メニュー
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスミスが発生してしまうと、相手チームボールになって得点のチャンスが減って、相手に得点のチャンスを与えてしまいます。試合中はパスミス...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはジャンプ中のバランスが大事になります。 空中のバランスには体幹を鍛える必要があります。 今回はバスケのリバウンドに必要な...