今回はバスケのシュート力を上げるために必要な筋トレについて紹介していきます。シュート力を安定させるためにはいつも同じ力でシュートを打つ必要があります。

そのためには、自分の最大筋力を上げておくと、楽にシュートを打つことができ、シュートを打つときの力もコントロールしやすくなります。

それでは、バスケのシュート力上げる練習メニューについて紹介していきます。

1.スクワット

下半身を鍛えるための一般的な筋力トレーニングです。ダンベルをもつと運動強度があがります。正しいフォームでやらなければ怪我をするので、正しいフォームでの筋トレをするようにしましょう。

2.ヒールレイズ

ふくらはぎを鍛える筋力トレーニングです。がべに手をあててかかとを上げたり下げたりします。ダンベルを持ったり、その場でジャンプするとさらに運動強度があがります。

3.腕立て伏せ

上半身の筋肉を鍛えるためには、腕立て伏せが一番です。両手の間隔を広げると胸の筋肉、狭めると腕の筋肉を鍛えることができます。

4.指立て伏せ

指の筋肉を鍛えるための練習です。指の感覚を狭めることによって、負荷を高めることができます。

5.拳立て

拳を握って腕立て伏せをします。手首の筋肉鍛えることができます。

6.懸垂

鉄棒にぶら下がって、懸垂をすることで、肩や腕など上半身全体の筋肉を鍛えることができます。

7.腹筋・背筋

安定したシュートを放つ際の体のバランスをとるために腹筋・背筋の筋肉を鍛えます。

8.目の筋肉

意外に忘れがちですが、シュートを打つためには、ゴールまでの距離を正確に把握する必要があります。遠くを見るなどして距離を正確にみるトレーニングをします。

ゴミ箱にごみを投げ入れるだけでも、目を使っているので、意識して練習してみてください。

9.スタミナをつける

試合中は常に走り続けるので、スタミナを消耗します。スタミナが減ってくると、いつも通りのシュートが打てなくなり、シュート率が落ちてきます。

プロは試合中にほとんど息切れなどしないので、シュート率が下がりません。持久走やインターバル走など、持久力系の練習でスタミナをつけましょう。

このようにバスケは上半身と下半身の筋力をまんべんなく筋トレする必要があります。好き嫌いで片寄った練習をするのではなく、まんべんなく練習メニューをこなしていきましょう。

安定した筋力が持てるようになれば、あなたのシュート力もかなり安定してくると思います。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはフェイクなしではオフェンスを抜いたりすることはとても困難になります。 なぜなら、フェイクがなければ、ディフェンスにはオ...