バスケを習い始めて覚えるのがレイアップシュートです。このレイアップシュートは、実は1番得点できる確率の高いシュートです。今回は、ここのお話をします。

1.先ずは、きちんとレイアップできるようにしましょう

バスケ初心者が、最初に練習して体得するのが、レイアップシュートです。そして1番重要なシュートでもあります。

スポンサーリンク


バスケ初心者でも最初に習うシュートなので、ここではコツだけお教えします。レイアップシュートは、正しいシュートフォームとタイミングです、それを意識してください。

バスケ初心者の方で、1番注意して反復練習をしてほしいシュートです。経験者でも必ず毎回練習します。

バスケ初心者が、レイアップシュートを習得していく際に大事なことを、もう一つお話します。それは、右サイドは右手で、左サイドは左手で打てるように成ってください。

レイアップが、自在に打てるということは、バスケ競技では非常に重要です。試合にも必ず役立ちます。

バスケ初心者が、レイアップシュートを上達するということは、必ず試合にも出してもらえます。そして、初心者でもシュートを決めるチャンスが、多くなるということです。

2.レイアップがきちんと出来たらバリエーション

実は、レイアップには沢山の種類があります。例えば、バックハンドレイアップ、ダブルクラッチ、ワンハンドフェイク、レイアップからの派生でディアトープ、最近ではスクープショットとうもレイアップの一種です。

バスケ初心者は、普通のレイアップがきちんと左右で出来たら、どんどん上記のようなレイアップの練習をして下さい。

実は、練習でも試合でも必ずランニングシュートの練習時間は、あります。この練習の際に、
バスケ初心者でも、色々なレイアップのシュートを覚えることがバスケの上達につながっていきます。

但し、きちんとしたレイアップシュートを覚えてからです。変な癖が付いてしまったら、バスケ初心者は、今後のバスケに良くないと思われます。

普通のレイアップが出来るようになったとしましょう。次にバックハンドを左右できるように練習しましょう。

こういうように出来なくても出来るように練習して一つのレイアップから複数のバリエーションを、どんどん増やしていきましょう。

色々なレイアップが出来て、バスケ初心者が、上達して活躍していければと思います。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。...