バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。

試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。

今回はバスケのメンタルの鍛え方についての練習メニューを紹介していきます。

1.シュートセレクションをイメージする

バスケは試合中の状況によっては、シュートを打ってはいけない場面があります。

例えば、試合終盤で自チームが勝っている場合にシュートを打ってしまうと、シュートが入ればいいですが、外してしまうと、相手にボールをとられて点を入れられてしまうチャンスを与えてしまいます。

スポンサーリンク


逆に24秒オーバタイムが迫ってきている場合に、シュートを打たなければ、相手チームのボールになってしまいます。このように様々な状況をイメージして、自分がどのように動けばよいかイメージするようにしましょう。

2.プレッシャーがかかる場面をイメージする

バスケは残り数秒でフリースローを決めれば逆点出来るなどの状況になる場合があります。

自分がその場合になったときに緊張しないように、普段からその状況や雰囲気をイメージして、緊張するのを防ぐようにします。

イメージはではかならずシュートを決めるところまでイメージするようにしましょう。

3.勝利をイメージする

試合で勝利した後の気持ちや場面をイメージすることによって、より勝利を引き寄せることが出来るようになります。

優勝カップやベスト5に選ばれていることをイメージしてみましょう。

心の底から信じれば、必ずそれが現実になります。

4.自分を追い込む

高負荷の練習を行い、自分を追い込み、それを乗り越えることによって、自分に自信がもてるようになります。

日々の練習は絶対に嘘をつかないので、自信をもって試合に挑みましょう。いざという時に味方になるのは、豊富な練習量です。

たくさん練習したら自信を持って挑みましょう。

5.ターキー

ターキーはディフェンスの練習ですがメンタルの面ではオフェンスにも効果があります。

練習者の前に指揮者が一人立って、練習者はディフェンスのスタンスをとり足をジタバタします。

指揮者は手で上下左右のどれかを指さします。

練習者はさされた方によって、上をさされたのであればその場でジャンプ、下をさされたであればうつ伏せになる、左右をさされたのであればさされた方向に1歩スライドします。

指揮者は指示するスピードを任意で上げたり下げたりするとよいです。

常に動き続ける必要があるのでとてもきついです。

練習時間を長めにとると反射神経、持久力向上や、メンタル向上にも効果があります。

指揮者はフットワークメニューなどで走るスピードや時間を任意で上げたり下げたりするとよいです。

常に動き続ける必要があるのでとてもきついです。

練習時間を長めにとると反射神経、持久力向上や、メンタル向上に効果があります。

バスケはメンタルのスポーツとよく呼ばれます。メンタルをコントロールすることを意識して練習メニューに取り組みましょう。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケの練習メニュー
初心者の方が、バスケを始めたときに最初に思うのが、ただひたすら走って辛いとか、何の役に立つのか解らない状態で練習していて楽しくなくなってしま...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...