女子バスケに多いのは、シュートが届いていないことです。

女子バスケには、筋力がなくてなかなかシュートが届かない人がいます。

腕だけでシュートを打とうとしている人もみかけまが、腕だけではシュートは届きません。

しっかり筋力をつけてシュートが届くようになって上達していきましょう。

筋力をつけるには、日頃からトレーニングが必要です。

今回は、女子バスケに多いシュートが届かない悩みを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.基礎をおさえる

シュートを届かせるためには、基本的なシュートができなければなりません。

基本的なシュートができるようにしっかり練習をしておきましょう。

女子バスケに多いのは、基本的なシュートをおこたっているこです。

ちゃんと練習をして、一連の動作が出来るようになりましょう。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

2.フォームをきれいに

シュートフォームがバラバラだとシュートが届きません。

女子バスケに多いのは、シュートフォームがバラバラです。

一連の動作ができるようになりましょう。

一連の動作ができるとシュートフォームがきれいになります。

一連の動作とは、足をつかって膝をつかい、腕を使い、手首のスナップがちゃんとつかえていることです。

日頃から意識をして練習をおこないましょう。

3.まとめ

シュートを届かせるためには、筋力が必要になります。

筋力をつけるには、日頃からトレーニングをしないといけません。

トレーニングをおこたらないようにしましょう。

女子バスケに多いのは、トレーニングをおこたっていることです。

トレーニングをおこたっていると筋力はつきません。

ちゃんとトレーニングをおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

日々の練習が結果に繋がってきます。

上達するためにも、日頃からトレーニングをおこたらないようにやっていきましょう。

トレーニングをすれば、筋力がついてきたり、体感がついてきます。

体感があれば、多少ディフェンスぶつかってきたもぶれることなくシュートを打つことができます。

トレーニングは、必要なので日頃から練習に取り入れておきましょう。

トレーニングは、嫌いな人が多いですが、筋力をつけるためにもトレーニングは、ちゃんとおこなっていきましょう。

チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケをしている人なら、スピードのない選手でも、ドリブルで抜くところを見たことがあると思います。 なぜ、スピードがなくてもディフェンスを抜け...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはフェイクなしではオフェンスを抜いたりすることはとても困難になります。 なぜなら、フェイクがなければ、ディフェンスにはオ...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクシュートはバスケの王道で、誰もがしたいシュートであります。 身長がある人ならいいですが、身長がない人はダンクシュートをあきらめていませ...