バスケでは、オフェンスの時に必ずといっていいほど味方にパスをします。

そのためにもパスは必ず出来るようになっておかないといけません。

パスの練習は、仲間が必要です。

パスをする相手がいないとパスは出来ません。

パスをする相手がいなければ、壁に向かってやることもいいでしょう。

仰向けになって練習するのもいいでしょう。

時間を有効につかいましょう。

女子バスケに多いのは、時間を無駄にしていることです。

スポンサーリンク


時間を無駄にすると上達するのが遅くなります。

時間を無駄にしないように日々の練習をがんばりましょう。

今回は、一人でできる女子バスケのパスについて紹介していきたいと思います。

1.パスの基礎をおさえる

一人でパスの練習するにも基本的なパスが出来なければなりません。

静止した状態で、対面パスの練習ができるようになりましょう。

女子バスケに多いのは、回転がかかっていなかったり手首のスナップが使えていないことです。

しっかり回転をかけて手首のスナップを使いこなせるようになりましょう。

対面パスをおこなうときは、足が使えているか手首のスナップは使えているかパスは真っ直ぐ出せているかを注意して練習をおこないましょう。

一人で練習をおこなうときは自分で確認をしなければいけません。

しっかり回転はかかっているのか手首のスナップが使えているかボールは真っ直ぐ跳んでいるのかを確認をしておこないましょう。

2.一人でもできる練習メニュー

まずは、仰向けになりボールを真っ直ぐ上にあげましょう。

そのときに注意することは、しっかり回転をかけて手首のスナップをつかうことと真っ直ぐ上に上がっているか注意しておきましょう。

女子バスケに多いのは、手首のスナップが使えていないことです。

しっかり手首のスナップをつかって回転をかけるように心掛けましょう。

上達してきたら、ボールを高く上げていきましょう。

ボールを高くあげることによって、飛距離も伸ばせるようになってきます。

3.まとめ

一人で練習するときは、自分で注意をして練習をしないといけません。

注意する点は、回転をかけることと手首のスナップが使えているかボールはまっすぐ飛んでいるのがです。

ボールがまっすぐ飛んでいないと、味方にちゃんとパスは出せません。

しっかりまっすぐ飛ばせるようにしましょう。

上達してきたら、レベルを上げていきましょう。

ちゃんと努力をすれば、必ず結果に繋がってきます。

日々の練習をおこたらないように、がんばっていきましょう。

  • パスで重要な視野の広げ方 /女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのパスのキャッチミスをなくす練習方法
  • エルボーパスの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 1人でできる女子バスケのパスの練習メニュー
  • パスの飛距離を伸ばすコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • パスに回転をかける理由/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートには、柔らかいシュートを打つために、膝を柔らかく使うなど、柔軟性が必要になります。 今回はバスケのシュート時に必要な柔軟性を...
バスケの基礎知識とルール
バスケ初心者だけでなく、プレイヤーにとって一番重要なバッシュ、この選び方を少しお話します。 1.バッシュの選び方 バスケ初心者が、バッシュを...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは重心のかけ方によって異なります。 後ろにフェイドアウェイシュートのように後ろにジャンプする場合は重心を後ろにする予備動作が...