ポストプレーとは、センターの人が攻めるときにプレーすることです。

センターの人は、身長が大きかったり体格がよかったり体感があったりしている人が多いです。

そのためにも、当たり負けをしない体をつくりましょう。

女子バスケに多いのは、当たり負けをしてしまうことです。

当たり負けをしない体をしてしまうとファールをとられたりします。

当たり負けをしない体を作るには日々の練習が必要です。

スポンサーリンク


しっかりトレーニングや練習をして当たり負けをしない体をつくりましょう。

今回は、ポストプレー時の守り方について紹介していきたいと思います。

1.ディフェンスの基礎をおさえる

ポストプレー時の守り方は、基本的なディフェンスが出来なければなりません。

静止した状態で、腰をおとしハンズアップが出来ないといけません。

しっかり練習をしてハンズアップが出来るようになりましょう。

上達したら、レベルをあげていきましょう。

女子バスケに多いのは、ハンズアップできていないことです。

しっかり注意してやりましょう。

ハンズアップができていないとファールをとられてしまいます。

2.ポストプレー

ディフェンスの時は、必ずセンターに好きにプレーさせないようにしましょう。

好きにプレーさせてしまうと得点たられたりファールとられたりします。

好きにプレーさせないために、センターにはボールをもたせないようにしっかり守りましょう。

女子バスケに多いのは、すぐに手がでてしまいファールをとられることです。

ファールをたられないように手はしっかりあげておきましょう。

3.トレーニングをこなす

ポストプレー時の守り方には体感が必要です。

体感が強くないと当たり負けをしてしまいます。

女子バスケに多いのは、体感がないことです。

しっかりトレーニングをして体感を鍛えて当たり負けをしない体をつくりましょう。

4.まとめ

センターを守るには、当たり負けをしない体をつくることが大切です。

当たり負けをしないためにも、トレーニングをしっかりしておきましょう。

なれてきたら、レベルをあげていきましょう。

日々の努力が必要です。

努力は必ず報われます。

日々の練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

試合で通用出来るようにもチームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • ポストプレー時の守り方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • マンツーマンディフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス戦術「ダブルチームとは?」/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス時のボディチェックの重要性/女子バスケが上達する練習メニュー
  • センターディフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • ディフェンス戦術「アイソレーションとは?」/女子バスケが上達する練習
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケ初心者の方がオフェンスをする際には、どのように動いてよいのか凄く悩むことと思います。特にバスケはチームスポーツであり、比較的狭いコート...
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは重心のかけ方によって異なります。 後ろにフェイドアウェイシュートのように後ろにジャンプする場合は重心を後ろにする予備動作が...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケのシュートに回転をかける理由について記載します。最初にバスケのシュートに回転をかける理由はボールに回転が掛かっている場合、シュー...