バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。

ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。

今回はバスケのパスを受けてそのままレイアップにいく練習メニューを紹介していきます。

1.カット

ボールをパスしたあとにゴール側にきれこむ動きを覚えます。

両サイドに二人が立ち、パスをしたあとゴールに切れ込みます。

再度、切れ込んだ選手にパスしてしてシュートまで持ち込みます。

パスしたプレーヤーは、カットしたところにスペースが出来るので、そこに移動します。

意識する点としてはバスケはゴールに近づくことが一番怖いことなので、ゴールに向かって走りこむことです。

2.スクリーン

スクリーンを行い、味方をフリーにします。

オフェンス三人にディフェンス三人がコートに立ち、
ボールマンがパスをしたらもう片方の選手に対してスクリーンをおこないフリーの選手をつくります。

フリーの選手にパスをしてそのままシュートをうちます。

スクリーンをかけるプレーヤーは手を胸に当て手で相手を押さないようにし、スクリーン中は動かないように気をつけてください。

3.ピック&ロール

オフェンス二人とディフェンス二人がコートに立ち、ボールをもっているプレーヤーがパスをしたらパスをした選手に対してスクリーンに行きます。ボールマンはスクリーンを使ってゴールに切れ込みます。

一方スクリーンをしたプレーヤーのはスクリーンが成功したらゴール側に切れ込みます。

ディフェンスがどのように動くかによって、どちらかのプレーヤーはフリーになるのでそのままシュートに行きます。

スクリーンをするプレーヤーはしっかりとディフェンスをひっかけたのを確認してから動くようにしてください。

4.オールコート2メン&ラン

2人が速攻を走っているときを想定した練習です。

オールコートの端から二人でパスだけで、反対ゴールまで進みシュートをします。

パスをするときに走るスピードを落とさないようにします。

5.オールコート3メン&ラン

3人が速攻を走っているときを想定した練習です。

オールコートの端から三人でパスのみで反対ゴールまで進みシュートします。

6.ドリブルなしの5対5

ドリブルを禁止して5対5を行います。

ノーマークの選手を作らないとシュートまでいけないため、必然的にパス&ランの動きを行う必要が出てきます。

これらの練習メニューのように試合では出来るだけドリブルをしないことによって、試合をスピーディーにすることが出来ます。
常にレイアップ狙えるようになりましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケにおいてのジャンプシュートの基本的な考えや、ジャンプシュートの基本的な練習等をここでは、お話したいと思います。 1.ジャンプシュートは...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートは足を使い方によってシュートのスピードが変わってきます。 かかとではなく爪先に重心がくるとジャンプシュートの動作が早くなりま...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはより高くジャンプするためにジャンプ力が必要です。 リバウンドはポジショニングが重要なのですが、ポジショニング力が互角の場...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...