バスケにはパスのフェイクをすることで、相手にパスカットされるのを防ぐ方法があります。

パスフェイクをしなければ、簡単にディフェンスに読まれてしまうので、パスフェイク動作はとても重要な動きになります。

それでは、バスケのパスフェイクの練習メニューについて紹介していきます。

1.チェストパスのパスフェイク

チェストパスのパスフェイクはボールを胸の位置からパスする方向に両手でパスを投げようとします。

手首はあまり動かさず、腕を伸ばします。その後はまた胸の位置に戻します。

このパスフェイクを何度も繰り返すことによって、デフェンスはいつ本当のパスをするのかわからなくなります。

2.ワンハンドパスのパスフェイク

今度はワンハンドパスのパスフェイクをします。胸の位置から左右どちらかの腕を使ってワンハンドパスを放とうとします。

腕が伸びたぐらいで、もう片方の手を伸ばし、ボールを支えて飛ばないようにします。

その後は、また胸の位置にボールを戻します。腕を大きく動かすことによってデフェンスはよりパスフェイクに引っかかりやすくなります。

3.ヘッドパスのパスフェイク

今度はヘッドパスのパスフェイクをボールを頭の上にもちパスを放とうとします。両手の腕が伸びたぐらいで、手の動きを止めてボールを止めます。

その後は、また頭の上にボールをもっていきます。この動作を繰り返すことによって、デフェンスはいつ本当のパスをするのかわからなくなります。

4.ディフェンスをつけて練習する

オフェンスとディフェンスで別れて、いろいろなパスフェイクを織り混ぜてパスを出す練習をします。

オフェンスはパスフェイクした際にディフェンスがどのような反応をするか注意深くみていきましょう。

デフェンスはオフェンスの視線を見てパスコースを読む事があるので、目線をそらしながら本当のパスをだすことによって、よりデフェンスをひっかけることができます。

練習では制限時間を設けて、制限時間内にパスがだせなければペナルティを与えるようにします。

バスケのパスはフェイクを間に挟むことによって、ディフェンスはいつ本当のパスが出るのかわからなくなりディフェンスを混乱させることができます。

試合ではパスフェイクを自然に行えるようにならなければ、ディフェンスに動きを読まれてしまいパスをだすことも難しいでしょう。
普段から練習メニューで練習を怠らないようにしましょう。

  • バスケのパスを指導する際の注意点
  • バスケ初心者のパスの練習
  • バスケのあなたでも出来るトリッキーパス
  • バスケのパスタイミングをつかむ練習メニュー
  • バスケのパスに必要なセンス
  • バスケのリバウンド後のパス
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
バスケ初心者の方が、ゾーンディフェンスを覚えることは意外と難しいです。ゾーンディフェンスの基本的な考え方や守り方をお話します。 1.いったい...
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのセットオフェンスについて紹介していきます。セットオフェンスとはオフェンス時に、予め決められた動きをすることで、得点チャンスを作...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでディフェンスを抜こうとすると、キレがないと思うように相手を抜くことは難しいでしょう。 ドリブルのキレにはやはりスピードが重...