シュートを打つときは、手と指の使い方が重要になってきます。

手と指の使い方がうまくできていないといけません。

女子バスケに多いのは、手と指の使い方がうまくできていないことです。

しっかりうまくできるように練習していきましょう。

日頃から、しっかり意識をして練習をしていれば必ず上達していきます。

今回は、シュート時の手と指の使い方について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.シュートの基礎をおさえる

シュート時の手と指の使い方は、ちゃんとできていなければなりません。

うまく手と指が使えていないとシュートが打てません。

シュートの基本的な動作ができるようになりましょう。

女子バスケに多いのは、一連の動作ができていないことです。

シュートを打つには、一連の動作が出来なければなりません。

しっかり意識をして一連の動作ができるようになりましょう。

一連の動作とは、足と膝と腕と手首のスナップを使うことです。

一連の動作ができるように日頃からしっかり練習をしておきましょう。

2.シュートの打ち方

シュートフォームがバラバラだとうまくシュートは打てません。

シュート時の手の使い方は、リングに向かって手をあげることです。

シュートする時は、ツーハンドの場合は、腕が頬に当たるくらい手をあげておきましょう。

ワンハンドの場合は、利き手ではないほうの手は添えるだけにしておきましょう。

ツーハンドでもワンハンドで共通してくることは、膝を使うことです。

ちゃんと膝が使えるようになっておきましょう。

女子バスケに多いのは、膝をうまく使えていないことです。

膝をうまく使えていないと一連の動作ができません。

しっかり練習をして上達していきましょう。

一人で練習する方法もあります。

まずは、仰向けになります。

仰向けになってボールを上にあげます。

この時に注意しておくことは、回転がかかっているか、手首のスナップが使えているか、指先もちゃんと使えているかを注意しておきましょう。

一人で練習をおこなうときは、自分で確認をしなければいけません。

しっかり意識をしておこないましょう。

3.まとめ

シュートをするには、手と指の使い方がうまく使えていないといけません。

日頃から練習をしていれば、一連の動作ができるようになり、上達していきます。

試合で通用出来るようにも、日々の練習をおこたらないようにやっていきましょう。

努力をすれば、必ず結果に繋がってきます。

しっかり意識をして練習をおこないましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
バスケは、実は体育館だけでなく外でも出来るスポーツです。今回は、バスケリングが公園にあったり、外にコート自体が合ったりしたときの初心者の方の...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでディフェンスを抜こうとすると、キレがないと思うように相手を抜くことは難しいでしょう。 ドリブルのキレにはやはりスピードが重...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクシュートはバスケの王道で、誰もがしたいシュートであります。 身長がある人ならいいですが、身長がない人はダンクシュートをあきらめていませ...