ここでは、レイアップシュートをジャンプシュートの体得方法をお話したいと思います。二種類のシュートを自在に扱えるようになればと思います。

1.レイアップシュートの体得方法

バスケ初心者が、最初に練習するシュートが、レイアップシュートとなります。レイアップシュートの練習は、フォームの反復練習と自分のタイミングが、一番大事です。

スポンサーリンク


第二にこのシュートは、バスケ初心者でも1番得点を挙げやすいシュートです。しかしながらトラベリングを良くとられるシュートでもあります。

ですから、基本的なレイアップシュートのフォームを、バスケ初心者は、きちんと体得してください。これが、できれば色々なレイアップが出来るように上達していると思います。

レイアップシュートは、基本右サイド、真ん中、左サイドから片手で動きながら行うシュートフォームです。

右サイドは、右手で、左サイドは左手でシュートするのが、良いとされています。実は、バスケ上達者の中でもこの内訳のフォームが全く出来ない人が、結構居られます。

そうです、実はバスケ初心者から、この左右の違うシュートフォームをきちんと体得しないとなりません。癖が、付いてしまうと治しづらいシュートフォームです。

バスケ初心者が、レイアップシュートを行う際は、きちんとしたフォームとタイミング、そして左右の違いをきちんと反復練習してほしいです。

2.ジャンプシュート

バスケ初心者は、このシュートが出来るということ、つまりセットシュートは覚えていると言うことに成ります。セットシュートのシュートフォームは、必ず経験者からきちんと習ってください。

バスケ初心者のジャンプシュートでは、自分がシュート時に跳んだ最高点でシュートを放つのが、基本です。

このとき、1番いけないのはシュートフォームが、崩れてしまうことです。ですから、最初は、ゴール下の近いところで、そして利き手だけで構いませんのでジャンプシュートの練習を、行ってください。

このとき出来れば、バスケ初心者は、経験者に見てもらいましょう。シュートフォームが、崩れているときに指摘をして貰いましょう。

この繰り返しで、ジャンプシュートのフォームをきっちりと体得してください。上達してきたら、離を伸ばしてジャンプシュートの練習、フォームのチェックをしましょう。

ジャンプシュートが上達してきたら、ジャンプシュートの種類も色々あります。バスケ初心者から経験者に移行して、色々なジャンプシュートを身に付けられると思います。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
一言で抜き方と聞いて、多分ドリブルでの抜き方を想像するかもしれません。勿論ドリブルでも抜き方はあります。でも実はそれ以外にもバスケにおいては...