バスケにはいろいろなシュート方法がありますが、バスケでよく使うシュートの練習方法について紹介します。

1.ワンハンドシュートフォームチェック

まずはワンハンドのシュートの練習をします。まずはジャンプシュートをする前に、ジャンプせずに放つセットシュートの練習をしましょう。シュートをする前にまず自分のシュートフォームについて確認しましょう。

右手はボールの下に左手はボールの左側に支えるように頭の額の上に持ってきます。手先は大きく開きます。この時、ゴールがちゃんと見えるように構えてください。

肘は広がらないように脇が広がらないように脇をしめます。膝をすこし曲げて構え、シュートを放つ体勢に移ります。膝を伸ばし、ボールをリリースするときは右手をまっすぐに伸ばすように上に押し出すのと同時に、

手首のスナップを効かせて押し出します。手だけでなく膝の力が体がボールに伝わるように意識してください。

ボールを放ったあとの右手は肘は伸ばしきった状態、手首は折り曲がった状態、手先は大きく広がった状態で止めてください。左手が聞き手の方は左右反対で考えてください。

上記のシュートフォームを意識して鏡をみながら練習をしてみてください。

2.ジャンプシュートフォームチェック

次はジャンプしてワンハンドを放つ、ジャンプシュートについての練習をします。上半身の動きはセットシュートと同じで、今度はジャンプした状態でシュートを放ちます。

ボールをリリースするタイミングはジャンプが最高点に達した時に放ちます。シュートを放つタイミングがずれるとシュートが安定しないので、タイミングは同じにするように練習をしましょう。

こちらも鏡をみながらシュートフォームを意識して練習してください。

3.レイアップシュート

次はレイアップシュートについて練習をします。レイアップシュートは動きながらのシュートなので、まずは足の動かし方から覚えます。

シュートを打つ手の足から踏み込み、反対の足でジャンプをするようにします。シュートを打つ手の足は膝をあげます。この時にトラベリングにならないように気をつけてください。

ボールは胸の位置に両手で持って、ジャンプ中にシュートを打つ手を伸ばしてシュートを放ちます。シュートを打つ時は肘や手首は曲げずに伸ばしきってください。

手の力で放つのではなくジャンプする勢いを使ってボールを放つようにします。鏡をみながらシュートフォームのチェック練習をしましょう。

シュートのフォームを意識して綺麗な理想的なバスケのシュートフォームを習得してください。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスのセットプレートは、どんな場面で、どのようにつかわれているのでしょうか。セットプレーの種類も含めてお話したいと思います。 ...