バスケのリバウンドは体のぶつけ合いを制して、とるものなので必然的にファールが多くなってしまいます。

試合の重要な場面でファールをしないためにも、リバウンド前のファールしないようなスクリーンアウトをしっかりと出来るようになりましょう。

今回はバスケのリバウンド時に行うスクリーンアウトの練習メニューを紹介していきます。

1.スクリーンアウトの練習

シュート動作に入ったらまずは相手の位置を確認して、距離をつめます。

重心を低く保ってお尻で相手を外に押し出して有利なポジションを取ります。

相手は前に出てこようとするので、体で前に出てくるのを防ぎます。

ボールがリングに当たって跳ね返るまでこの体勢を維持するようにします。うまくスクリーンアウトができると相手にジャンプがさせないようにすることが出来ます。

腕は広げますが、相手を押さえつけたり、手を絡ませたりするとファールになるので、気をつけます。

練習では二人や三人でリバウンド争いをして最後まで残った人は腕立て伏せなどペナルティを与えてもいいです。

2.リバウンドの位置を予測する

これはリバウンドの高等テクニックですが、
シュートの軌道をみると、だいたいどこにボールが落ちるかが予想が可能です。

例えば、高い軌道のシュートはリングに当たってリング付近に落ちやすい、
低い軌道のシュートはリングに当たって、リングから遠い位置に落ちやすいなどです。

リバウンドの落下箇所を意識して、スクリーンアウトの位置を調整すると、リバウンドを取れる確率が上がります。

3.筋力トレーニング

体の接触が多いので、体の筋力が強ければ強いほどよいです。

どんなに相手に押されても体が押し負けないように、上半身の筋力トレーニングをおこないます。

4.力強いリバウンド

よいポジションが取れたら今度は、実際にボールをとる練習をします。

基本はボールをしっかりみてジャンプし両手でボールをつかみましょう。

高い位置でボールをつかみたいときは片手で手を伸ばして取ります。

ボールをつかむときは力強くボールを巻き込むようにキャッチしてください。

ジャンプから着地するまでもボールは頭の上において、ボールを下げないようにします。

5.ボールをつかんだら下に下ろさない

ボールをつかんだあとは、着地したときに、相手からボールをとられる可能性があります。

出来ればボールは頭の上か胸の位置に保ち、下におろさないようにしましょう。

バスケは手で押すような仕草があるとファールをとられやすいため、両手は上に上げておき、胸と背中で相手を止めるようにしましょう。体の押し負けないように筋トレなどの練習メニューは欠かさないようにしましょう。

  • バスケのオフェンスリバウンドの重要性
  • バスケのリバウンドでやっておくべきトレーニング 方法
  • バスケのリバウンド時に必要な体幹
  • バスケのリバウンドに必要なジャンプ力
  • バスケのリバウンド時のタイミング について
  • バスケのリバウンド時に気を付けなければならないファール
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケには筋力がとても重要になるので筋トレが必要になります。 今回はバスケのハンドリングをしながらでも筋トレができる練習メニューを紹介してい...
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンスの基本的な動きについて、練習メニューと一緒に紹介していきます。 バスケのオフェンスで一番点をとる確立が高いポイントは...