バスケには、リバウンドはとても大事です。

リバウンドを制すものはゲームを制すという言葉があるように、とても重要になってきます。

しっかりリバウンドがとれるようになりましょう。

リバウンドを取るためには、スクリーンアウトが必要です。

スクリーンアウトが出来ていないと相手からリバウンドを取られてしまうからです。

上達するには、日々の練習が必要です。

今回は、リバウンドについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.リバウンドをとるには

リバウンドをとるには、スクリーンアウトが必要です。

スクリーンアウトをして相手にリバウンド取られないようにしましょう。

リバウンドが取れないとシュート決められたり、速攻を出せなかったりします。

女子バスケに多いのは、スクリーンアウトができていないことです。

スクリーンアウトせずに、リバウンドしようとしている光景をよくみます。

相手が、大きいとなおさらスクリーンアウトしないとリバウンドがとれません。

スクリーンアウトがちゃんと出来るようになりましょう。

上達したら、ボールを使ってリバウンドの練習をしましょう。

2.リバウンドがとれるようになるための筋トレ

体感を鍛えましょう。

体感がないと相手とぶつかったりするとふらついてリバウンドがとれません。

二人組をつくり、オフェンスとディフェンスにわかれます。

スクリーンアウトをしたときに、後ろから押して、相手に押しまけないようにしましょう。

女子バスケに多いのは、体感がない人が多いです。

体感がないとふらついてしまいます。

しっかり体感を鍛えましょう。

なれてきたら、ボールを使って、リバウンドの練習をしましょう。

当たり負けをしないためにも筋トレをしておきましょう。

当たり負けをしてしまうとリバウンドは取れません。

3.フットワークをこなす

リバウンドをとるには、体のバランスを使うのでかなりの脚力をしようします。

女子バスケには、脚力がない人が多いです。

しっかり脚力をつけておきましょう。

脚力をつけるには、普段の練習にスピードの緩急を取り入れて練習しましょう。

上達したら、レベルを上げていきましょう。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用出来るようにもチームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • 女子バスケのリバウンドの重要性
  • 女子バスケでリバウンドを成功させるための筋トレとは?
  • 初心者のためのリバウンドのコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスはチームプレーによってフリーのチャンスを作り出すことが出来ます。 スクリーンを使うことで相手のディフェンスを乱し、フリーの...