バスケの試合では判断力が必要なときがあります。

バスケはその場での状況の応じてプレーを選択するスポーツです。

例えば、ディフェンスが後ろに下がっているのに、パスやドリブルをするのは、せっかくのシュートチャンスを失ってしまいます。

状況判断が少しでも遅れると相手ディフェンスは対応してしまうので、攻めてを失ってしまいます。

状況判断は判断を積み重ねをすることで、早くなってきます。

スポンサーリンク


しっかり判断ができるように日頃から練習をしておきましょう。

女子バスケでは、とっさな判断力ができていないときがあります。

とっさに判断をするのは難しいかもしれませんが、経験を積んでいけば判断力は身についてきます。

経験をしっかり積んでおきましょう。

今回は、女子バスケで大切な判断力について紹介していきたいと思います。

1.判断力をつけるには

判断力をつけるには、日頃からの練習が必要です。

練習の積み重ねで、とっさに判断ができるようにもなります。

試合でもとっさに判断をしなければいけないときは必ず出てきます。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

女子バスケに多いのは、試合中でとっさに判断ができていないことです。

コーチや監督の言うことはもちろんですが、必ず試合でプレーをしていると、とっさに判断をしなければいけない場面が出てきます。

そのためにも、常日頃からしっかり練習をして経験を積み重ねておきましょう。

2.経験を重ねる

判断をつけるには、ひたすら経験を積み重ねなければいけません。

試合で色んな経験をしたり練習をちゃんとしていれば、とっさに判断ができるようになります。

なので、日頃から練習をおこたらないように頑張って上達していきましょう。

3.まとめ

試合でとっさに判断ができるようになるには、練習と経験が必要です。

試合で迷わず状況判断ができるようにイメージトレーニングをしてもよいでしょう。

練習メニューを反復して、試合で生かせるようにしておきましょう。

女子バスケに多いのは、練習をおこたっている場面が見受けられます。

練習をおこたってしまうと後悔するときが出てきたりするので、後悔のないように練習を頑張ってやっていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合でとっさに判断ができるようにも、日頃からチームで意識をしてみんなで指摘しあって上達していきましょう。

  • 女子バスケで大切なとっさの判断力を鍛えるトレーニング法
  • 女子バスケで必要な敏捷性や瞬発力を鍛えるトレーニング法
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケではリバウンドをした後は、ディフェンスの時は速攻のチャンスが出来るため、早く前の選手にパスをする必要があります。 また、オフェンスの時...