オフェンスは、目線の使い方が重要になってきます。

パスをするときに、パスする相手の人ばかりみているとディフェンスにパスコースを読まれやすくなり、パスカットされやすくなるからです。

女子バスケにもパスする時に、パスする相手ばかりみていることが多いので気を付けましょう。

ミスを減らすためにも一瞬パスする相手に目をそらしておきましょう。

ずっと見ているとディフェンスからどこにパスを出すのかわかられてしまいます。

スポンサーリンク


日頃から練習をして上達していきましょう。

今回は、オフェンス時の目線の使い方について紹介していきたいと思います。

1.オフェンスの基礎をおさえる

まずは、パス回しがちゃんとできないといけません。

パス回しが出来ていないと目線をうまく使うことができません。

パス回しが出来るようにしっかり練習をしておきましょう。

女子バスケに多いのは、ボールばかり見ていることです。

ボールばかりみているとディフェンスは守りやすくなります。

ちゃんと全体を見れるようになりましょう。

2.オフェンス時の目線の使い方

パスをするときに、目線がうまく使えていないとディフェンスが騙すことができません。

女子バスケに多いのは、パスをするときに目線の使いたかが上手く出来ていないことです。

しっかり目線が使えるようにならないとディフェンスにパスカットされやすくなります。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

上達していけば、味方にパスをするときにノールックパスが出来るようになり、ディフェンスからパスカットされにくくなります。

ノールックパスをするときは、前もって味方を見ておく必要があります。

前もって味方を見ておかないと、どこにパスを出すかがわからないからです。

3.まとめ

オフェンスの時は、目線を上手く使えていたら、ディフェンスに読まれにくくなり、パスカットなどされにくくなります。

パスカットされなくなったら、ターンオーバーが少し減ったりします。

目線を上手く使いパスカットされないようにしましょう。

普段から周りを見るようにしておくと目線の使い方が上手く出来るようになるでしょう。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用出来るように、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • トライアングル・オフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • オフェンス時の目線の使い方の基本/女子バスケが上達する練習メニュー
  • アーリーオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • トライアングルオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • モーションオフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケには筋力がとても重要になるので筋トレが必要になります。 今回はバスケのハンドリングをしながらでも筋トレができる練習メニューを紹介してい...
バスケが上達するトレーニング法
バスケでは試合中に全力疾走する場面が多いです。バスケはスピードがあればあるほど、1対1の場面では有利になります。今回はスピードを鍛えるための...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。 ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。 今回は...