一口にフォーメーションといっても初心者には、難しいものもあると思います。簡単なフォーメーションをお話したいと思います。

1.オフェンス時のフォーメーション

バスケ初心者の方が、フォーメーションといわれてもピンとこない方が多いと思います。でもそれは、ある意味仕方のないことでございます。

オフェンス時のフォーメーションにて1番解りやすいものをご紹介します。先ず、オフェンス時の初心者のフォーメーションでは、ブラインドというものを使うのが1番良いと思います。

スポンサーリンク


これは、ディフェンスの裏側に行き、ボールをもらってシュートまで行くことです。自分のディフェンスを、表側からボールをもらわないということです。

1番効率がよく、右側サイドでも左側サイドでも、フォーメーションとしては有効です。上達すると、このプレーからのミックスフォーメーションも出来ます。

もう一つは、カットアウェイです。これもバスケ初心者が、フォーメーションとして使用するのに効果的なオフェンス方法です。

このプレーは、ボールを保持している人のディフェンスにスクリーンをかけます。ここでは、きちんと右、左のどちらにスクリーンをかけているのかを明確にします。

バスケ初心者が、スクリーンをかけに行きます。ボール保持者がスクリーン側をドリブルで抜いていきます。スクリーンは、重要ですので反復練習で上達してください。

しっかりスクリーンが、かかっていたならば、初心者側のディフェンスが必ずヘルプします。そこでバスケ初心者が、今度は、ボールをもらう動きをします。

このフォーメーションは、比較的ペイントエリア周辺で行うことが多いプレーです。ですからボールを貰ったバスケ初心者側は、シュートに直ぐにいけます。

このプレーは、きちんとボール保持者とバスケ初心者の意思疎通が、必要となります。きちんと練習を重ねて上達してください。

2.ディフェンス時のフォーメーション

最近の傾向では、マンツーマンディフェンスが学生の間では、基本となっています。ですから、今回は、バスケ初心者にとってマンツーマンディフェンスのフォーメーションで、大事なことをお話します。

基本的にオフェンスとディフェンスでは、当然オフェンスの方が有利であるということです。一概にそうなるということでは、無いですが事実だけを捉えるとそうなります。

バスケ初心者が、マンツーマンディフェンスを行う上で1番大事な事は、自分のマークを絶対に見落とさず外さない事です。マークを見失ってしまうとフォーメーション以前の問題に成ってしまいます。

次に大事なのは、ディフェンスは、オフェンスに抜かれ場合には、必ずヘルプという動作が入ります。これが出来ないと、すべてのオフェンスが、シュートを打てる状況に成ると行っても過言では御座いません。

バスケ初心者は、第一に自分のマークを見失わないことと、ヘルプに行くフォーメーションをきちんと把握して動くことです。特にヘルプは、反復で動いて上達してください。

このフォーメーションが出来れば、バスケ初心者が、上達して色々なディフェンスフォーメーションを取り入れることが、出来るようになると思います。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケ初心者のためのバッシュ選び
  • バスケ初心者のゾーンの考え方
  • バスケ初心者に多いファールと防止法
  • バスケ初心者のフォーメーション
  • バスケを初心者から始めたい方へのメッセージ
  • 初心者バスケの戦術
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
バスケは、実は体育館だけでなく外でも出来るスポーツです。今回は、バスケリングが公園にあったり、外にコート自体が合ったりしたときの初心者の方の...
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのリバウンドはより高くジャンプするためにジャンプ力が必要です。 リバウンドはポジショニングが重要なのですが、ポジショニング力が互角の場...