バスケのオフェンスはチームプレーによってフリーのチャンスを作り出すことが出来ます。

スクリーンを使うことで相手のディフェンスを乱し、フリーの状態を作り出します。

今回はバスケで使うスクリーンプレーの練習メニューについて紹介していきます。

1.スクリーン

スクリーンを行い、味方をフリーにします。オフェンス三人にディフェンス三人がコートに立ち、ボールマン以外のメンバーがスクリーンをしあいフリーの選手をつくります。

フリーの選手にパスをしてそのままシュートをうちます。

スクリーンをかけるプレーヤーは手を胸に当て手で相手を押さないようにし、スクリーン中は動かないように気をつけてください。

また肘を張ったりするとファールをとられる可能性があるので、出来るだけ肘を出さないようにしましょう。

2.ピック&ロール

オフェンス二人とディフェンス二人がコートに立ち、ボールをもっていないプレーヤーがスクリーンに行きます。

ボールマンはスクリーンを使ってゴールに切れ込みます。

一方スクリーンをしたプレーヤーのはスクリーンが成功したらゴール側に切れ込みます。

ディフェンスがどのように動くかによって、どちらかのプレーヤーはフリーになるのでそのままシュートに行きます。

スクリーンをするプレーヤーはしっかりとディフェンスをひっかけたのを確認してから動くようにしてください。

3.ダブルスクリーン

二人のスクリーンがディフェンスの左右を塞ぐように立ちます。オフェンス側は左右どちらに切れこんでもスクリーンにかかるためフリーになる確立がたかくなります。

ここ一番のセットプレーなどに適しています。スクリーンをしたあとはピックアンドロールをすることでセカンドチャンスも生まれやすいです。

4.ポイントゲッターにスクリーンする

バスケではチームに絶対的なポイントゲッターがいる場合、簡単にボールを持たしてはくれないでしょう。

その場合はチームメンバーが連続でスクリーンに行くという方法があります。仮にスクリーンがかからなかった場合も次から次にスクリーンがくるので、いつかはフリーの状態が作れるはずです。

スクリーンをかけるメンバーもスクリーン後はピックアンドロールをすることで、さらにチャンスは広がります。

スクリーンプレーを使うことで、攻撃の幅が出来ますが、チーム内で考え方が統一されていないと、連携が難しくなってしまいます。

意思の疎通がうまくいくように、毎日の練習メニューを頑張りましょう。

  • バスケのオフェンスセットプレーの役割
  • バスケのオフェンスでの基本動作と練習
  • 初心者バスケのための攻め方
  • バスケをする際のオフェンスの初心者編
  • バスケのオフェンスで使うワンフォー
  • バスケのオフェンスに必要なメンタル
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスミスが発生してしまうと、相手チームボールになって得点のチャンスが減って、相手に得点のチャンスを与えてしまいます。試合中はパスミス...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケは得点差を縮めたい時にプレスディフェンスといって、普段のディフェンスよりも運動量を増やしてプレッシャーを強くするディフェンス方法があり...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは正確にパスが出来なければ、上手く連携が出来ないため、正確なパスコントロールが要求されます。 今回はバスケのパスコントロールの練...