ロングシュートを打つときは、飛距離が必ず必要になってきます。

スリーポイントを打つには、長い距離を飛ばせるようにならなければいけません。

飛距離を伸ばすためにもシュートの打ち方をしっかり覚えて一連の動作が出来るようになりましょう。

女子バスケに多いのは、シュートフォームがバラバラなことです。

シュートフォームがバラバラだと上手く力が伝わらずシュートが届かない恐れがあります。

スポンサーリンク


しっかりシュートフォームを覚えて、一連の動作が出来るようになっておきましょう。

今回は、ロングシュートの投げた方とコツについて紹介していきたいと思います。

1.シュートの基礎をおさえる

ロングシュートを打つには、基本的なシュートフォームが出来なければなりません。

シュートフォームがしっかり出来るようになったら、まずはゴールから一番近いところから練習をしましょう。

徐々に距離を伸ばしていきましょう。

最初から、ロングシュートの練習をしてもなかなか上達はしません。

女子バスケに多いのは、なかなかシュートが届かないことです。

無理に、シュートを届かせようとして腕の力だけでシュートを打っている人がいます。

ちゃんとトレーニングをして筋力をつけておきましょう。

一連の動作が出来るようになっておきましょう。

ボールに回転をかけて手首のスナップが使えるようになっておきましょう。

2トレーニングをしましょう

トレーニングをしなければ筋力はつきません。

筋力がないとロングシュートは難しいです。

女子バスケに多いのは、筋力がないことです。

しっかりトレーニングをして筋力をつけておきましょう。

日頃からトレーニングの練習を取り入れておきましょう。

3.まとめ

ロングシュートを打つには、筋力も必要ですが、一連の動作が出来なければなりません。

一連の動作とは、足を使い次に膝を使い腕を使うこという動きです。

女子バスケに多いのは、一連の動作がなかなかできていないことです。

しっかり練習をして一連の動作ができるようになりましょう。

チームで、意識をしてみんなで指摘しあって上達していきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

日頃から練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

試合で通用できるようになりましょう。

ロングシュートが打てるようになったら、シュートを打てる範囲が広がります。

幅広くプレーをするためにもロングシュートが打てるようになりましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは正確にパスが出来なければ、上手く連携が出来ないため、正確なパスコントロールが要求されます。 今回はバスケのパスコントロールの練...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケのディフェンスではスティールと呼ばれる技があります。 オフェンスのボールに手を出して奪いとる技のことですが、スティールをするためには、...
バスケの練習メニュー
初心者の方が、バスケを始めたときに最初に思うのが、ただひたすら走って辛いとか、何の役に立つのか解らない状態で練習していて楽しくなくなってしま...