ドリブルフェイクは、相手に右サイドを抜くと見せかけて、左サイドを抜いていくことで、ディフェンスは最初の右サイドを守ろうとするので、フェイクに引っ掛かってしまい、オフェンスは楽にドリブルで抜くことができます。

逆にフェイクがないとディフェンスに動きを読まれてしまうので、ディフェンスにとっては、楽な相手になります。

それでは、フェイクについて紹介していきたいと思います。

上達したらレベルを上げていきましょう。

スポンサーリンク


1.左右を揺さぶるフェイク

ドリブルをつかってディフェンスを抜く場合は左右どちらかを抜きにいくわけですが、わざと左右どちらかのサイドを抜きにいく素振りを見せて、ディフェンスを引っ掛けます。

練習では、オフェンスとディフェンスに別れて、左右どちらかのフェイクを掛けて抜く練習をします。

フェイクをかけたときにディフェンスの体重がフェイクをかけた方向に掛かっていることを確認してから、逆サイドに進行方向を変えます。

2.前後を揺さぶるフェイク

次はドリブルで前後に揺さぶるフェイクでディフェンスを引っ掛けます。

ドリブルで後ろに下がるフェイクをかけて、ディフェンスが前に出てきたら、急に前にトップスピードで進み、ディフェンスを抜き去ります。

練習では、オフェンスとディフェンスに別れて、前後のフェイクをかけて、抜く練習を行います。

フェイクをかけた際にディフェンスが前方向に体重が掛かっていることを確認してから、抜きにいくように意識するようにします。

3.ボールを持つと見せかけて持たない

今度はドリブル動作からシュートまたはパスの動作にはいるとみせかけて、ディフェンスを抜き去ります。

女子バスケのフェイクは相手にバレやすいので意識しましょう。

ドリブルをついている手の反対側の手を近づけることで、ディフェンスはボールを持つと思い、間合いを近づけてきます。

オフェンスはボールを持たずにその瞬間に抜きにいきます。

練習では、オフェンスとディフェンスに別れてフェイクの練習をします。

実際にドリブルをつく反対の手がボールに触れてしまうと、ダブルドリブルになってしまうので、触れないように注意してください。

女子バスケには、ダブルドリブルになってしまうことが多いようです。

ドリブルのスピードも一瞬遅くすることでより、ボールを持つ動作に近づきます。

バスケはディフェンスとの駆け引きに勝つためにフェイクを駆使しなければ勝てないスポーツです。

女子バスケには、駆け引きがうまくできない人もいます。

上達するまでに時間かかる人もいます。

練習メニューにこだわらず、常に動きの中にフェイクを入れる意識をもちましょう。

  • クロスオーバー・ドリブルのやり方とコツ/女子バスケが上達するメニュー
  • ビハインド・ドリブルのやり方と上達するコツ | 女子バスケの上達法
  • ドリブルテクニック「目線」の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ドリブル時の重心移動のやり方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ドリブルテクニック「ギャロップステップ」のやり方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ドリブルテクニック「フェイク」の入れ方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケには筋力がとても重要になるので筋トレが必要になります。 今回はバスケのハンドリングをしながらでも筋トレができる練習メニューを紹介してい...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでディフェンスを抜こうとすると、キレがないと思うように相手を抜くことは難しいでしょう。 ドリブルのキレにはやはりスピードが重...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスのバンプについて紹介していきます。 バンプはディフェンスに体を常に当てて、オフェンスの思い通りに動けないようにする...
バスケのシュートが上達するコツ
最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。 1...
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンスの基本的な動きについて、練習メニューと一緒に紹介していきます。 バスケのオフェンスで一番点をとる確立が高いポイントは...