ディフェンスで多いのは、マンツーマンディフェンスです。

マンツーマンディフェンスとは、一人一人誰につくのかを決めて、その人だけ守ることです。

上達出来るようにしっかり練習しておきましょう。

今回は、マンツーマンディフェンスについて紹介していきたいと思います。

1.基礎をおさえる

マンツーマンディフェンスをするには基本的なディフェンスが出来なければなりません。

腰をおとしハンズアップしてディフェンスの構えが出来るようになっておきましょう。

ちゃんとディフェンスの構えが出来るようになったら、守りかたの練習をしていきましょう。

女子バスケに多いのは、ハンズアップができていないことです。

しっかり腰をおとして、手をあげてハンズアップできるようになりましょう。

手が上がっていないとファールをとられてしまいます。

なので、しっかり手をあげておきましょう。

2.しっかり守る

マンツーマンディフェンスは、一人一人誰について守るかをきめます。

ついている人には、好きにプレーをさせないようにしまよう。

好きにプレーさせるとマンツーマンディフェンスの意味がなくなります。

もし、抜かれてしまったらカバーをしてあげましょう。

カバーができていないとシュートまでいかれてしまい得点を決められたりします。

なので、しっかりチームでカバーをしてあげましょう。

女子バスケに多いのは、すぐ抜かれてしまうことです。

すぐ抜かれないように日頃から練習をがんばりましょう。

3.フットワークをこなす

マンツーマンディフェンスは、体のバランスを使いかなりの脚力をしようします。

女子バスケに多いのは、脚力がないことです。

しっかりフットワークをして脚力をつけておきましょう。

サイドステップなどつま先などを使い方がうまくなるように練習しましょう。

普段の練習メニューにスピードの緩急を取り入れて練習しましょう。

上達してきたら、レベルを上げていきましょう。

4.まとめ

基本的なことができていないとディフェンスはできません。

ちゃんとディフェンスができるようになっていきましょう。

ちゃんと練習をおこたらないようにやっていきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用出来るようにも、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • ポストプレー時の守り方/女子バスケが上達する練習メニュー
  • マンツーマンディフェンスとは?/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス戦術「ダブルチームとは?」/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ディフェンス時のボディチェックの重要性/女子バスケが上達する練習メニュー
  • センターディフェンスのやり方と練習メニュー/女子バスケの上達法
  • ディフェンス戦術「アイソレーションとは?」/女子バスケが上達する練習
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
ドリブル・シュート・パス、ボールキャッチ、すべての種類の動作にはボールを扱うハンドリングが必要になります。 バスケのボールハンドリングで重要...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクシュートはバスケの王道で、誰もがしたいシュートであります。 身長がある人ならいいですが、身長がない人はダンクシュートをあきらめていませ...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケは速攻などパスを受けてそのままレイアップシュートを打つ場面があります。 ドリブルをしないことで、とてもスピーディーになります。 今回は...