レイアップシュートは、誰にでもできるようにならなければいけません。

初心者の人は、慣れるまでに時間がかかります。

ちゃんと教えてもらって、正しいフォームを覚えましょう。

女子バスケに多いのは、両手でシュートをしていることです。

最初は、両手でもいいですが、上達していったら片手でレイアップを打てるように練習しましょう。

片手でレイアップシュートを打てるようになれば幅広くシュートが打てるようになります。

スポンサーリンク


今回は、レイアップの打ち方について紹介していきたいと思います。

1.レイアップの基礎をおさえる

レイアップの基本的なシュートの動作が出来なければなりません。

右側で打つときは、右手をあげ右足をあげましょう。

左も同じで、左側で打つときは、左手をあげ左足をあげましょう。

女子バスケに多いのは、両手でレイアップしていることです。

両手ででもいいですが、両手だとレイアップするときにカットされやすいので、片手で打てるようになりましょう。

片手で打てるようになれば、空いている方の手は、ディフェンスがきたときにカバーできるようになります。

カバーできるようになればディフェンスからカットされにくくなったりファールをもらいやすくなります。

両手で打っているとなかなかファールがもらえなかたりします。

しっかり練習をして上達していきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

2.トレーニングをおないましょう

トレーニングをしなければ、ディフェンスがぶつかってきたときにふらついてしまいます。

ふらついてしうとファールをなかなかもらうことができません。

しっかり体感をつけておきましょう。

女子バスケに多いのは、体感がないことです。

体感がなくて、ディフェンスにあたられてしうとシュートまでいけないことがあります。

しっかりトレーニングをして体感をつけておきましょう。

3.まとめ

レイアップシュートは、誰でもできるようになっておきましょう。

速攻でもパスカットでもレイアップする機会があるので、しっかり片手でレイアップできるようになっておきましょう。

レイアップの練習は、右と左と正面からの練習をしておきましょう。

どこからでもレイアップが打てるようになっておきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

練習をおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

試合で通用出来るように、チームで意識をしてみんなで指摘しあってチーム全体で上達していきましょう。

  • レイアップの打ち方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • セットシュートのやり方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ロングシュートの投げ方とコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • ゴール下でのシュートの打ち方と上達するコツ/女子バスケが上達する練習メニュー
  • 女子バスケのシュートフェイクの使い方と練習法
  • シュート時の足の使い方・膝の使い方/女子バスケが上達する練習メニュー
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...
女子バスケのリバウンド
リバウンドを制するものはゲームを制すという言葉があるようにリバウンドはとても重要になってきます。 センターの人は、必ずリバウンドがとれるよう...
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケは両手でシュートやドリブルができなければディフェンスに動きをを読まれやすくなります。 左手のハンドリングを練習することで、両手で様々な...