フットワークは、色んな種類があります。

オフェンスフットワークやディフェンスフットワーク様々なフットワークがあります。

様々なフットワークをこなして日々上達していきましょう。

女子バスケにも男子バスケでもフットワークは必ずやっています。

フットワークをこなせていないと上達していくのは難しいです。

フットワークには、色んな動きが取り入れられているため、フットワークが出来ていないと色んな動きが制限されてきます。

幅広くプレーするためにもフットワークをしっかりやっておきましょう。

今回は、フットワークについて紹介していきたいと思います。

1.フットワークをこなす

バスケットボールだけではなく、スポーツをする上でフットワークは出来なければいけません。

バスケは体のバランスを使うので、かなりの脚力をしようします。

女子バスケに多いのは、脚力がないことです。

サイドステップなどのつま先などの使い方がうまくなるように練習しましょう。

普段の練習メニューにスピードの緩急をとりいれておきましょう。

バスケには、スピードの緩急が大切です。

しっかりスピードの強弱が出来るように日々練習をして上達していきましょう。

2.フットワークとは

オフェンスフットワークやディフェンスフットワークなどあります。

女子バスケに多いのは、ディフェンスフットワークをおこたっていることです。

フットワークをおこたっていると試合や練習にも影響が出てきます。

フットワークをおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

オフェンスフットワークは、みんなが好んでおこなっています。

ディフェンスフットワークをちゃんとおこなっていないと試合で通用しません。

ディフェンスの練習は必ずおこなっておきましょう。

3.まとめ

フットワークは、すべてのスポーツに必要になってきます。

日々の練習からフットワークをおこたらないように頑張ってやっていきましょう。

フットワークをおこたってしまうと試合や練習で通用しません。

チームで意識をしてみんなで指摘しあって上達していきましょう。

日頃からフットワークをやっているのとやっていないのでは、差がついてきます。

差がつかないためにもフットワークをしっかりして少しでも幅広くプレーができるようにしておきましょう。

日々の練習が必ず結果に繋がってきます。

試合で通用できるように日頃からフットワークをして上達していきましょう。

おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはポストプレー時などターンしてからのシュートを打つことがあります。 ターンシュート時に大事なことは、ターンするときの勢いをちゃんと止め...