今回はバスケの走力など心肺機能を伸ばすためのトレーニングの練習メニューを紹介します。

バスケは試合中ダッシュアンドストップを繰り返すスポーツですので、心肺機能が高くないと、息が続きません。大事な場面で走力の有無が試合を左右します。

それではバスケの走力など心肺機能を鍛える練習メニューを紹介します。

スポンサーリンク


1.長距離走

持久力をあげるためには、長時間体を動かし続けるトレーニングが必要になります。長距離走をする事で持久力を鍛えていきます。呼吸が乱れないように意識してトレーニングをしましょう。

コートの外周を何週も走るなどありますが、体育館は狭いので長時間走り続けるのは適していません。公園や外などのロードワークの方が好ましいです。

2.ラン&ダッシュ

バスケは試合中に全力のダッシュを何本も繰り返す持久力も必要になります。ラン&ダッシュは、一定の時間間隔でラン(中程度のスピード)とダッシュ(全力のスピード)を繰り返します。

こちらも呼吸が乱れすぎないように意識してトレーニングをしましょう。

3.筋力トレーニング

ダッシュやジャンプ等の瞬発力には筋力トレーニングが必要です。ベンチプレスなどで最大の筋力を大きくしていきます。

筋力トレーニング用の機材がない場合は、腕立て伏せやスクワット、腹筋、背筋など、自分の体重で体を鍛える方法もあるので、機材がなくても出来ます。

4.バランスのよい栄養をとる

上記のトレーニングをしても栄養のバランスが悪いと体に栄養が行き届かず、体力は向上していきません。筋力アップには炭水化物・たんぱく質・脂肪の3大栄養素がカギになります。

朝・昼・晩の3食を食べる・偏食をしないなど栄養面にも気をつけるようにしてください。

5.睡眠をとる

高負荷のトレーニングをしたあとの体は疲労が溜まっています。疲労を溜めたままトレーニングをしても体力向上の効果はうすいです。

筋力をアップするための成長ホルモンは夜10時から深夜2時ぐらいまでの睡眠中によく分泌されます。夜更かしなどせずしっかりと睡眠をとりましょう。

6.まとめ

トレーニング・栄養・休養の3つがそろって体力は養われるので、意識しながら生活するようにしてください。

これらの体力系のトレーニングで大事な事は、継続する事です。毎日の積み重ねた結果、成果を出すことが出来ます。

さぼらずに継続する事を意識してトレーニングをしていきましょう。

  • 初心者バスケでのセンター上達方法
  • バスケの視野を広げるトレーニング
  • バスケの瞬発力を鍛えるトレーニング
  • バスケが上達するプールトレーニング
  • バスケの脚力トレーニング
  • バスケのハンドリングで行う筋トレ
おすすめの記事
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケのディフェンスではスティールと呼ばれる技があります。 オフェンスのボールに手を出して奪いとる技のことですが、スティールをするためには、...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクシュートはバスケの王道で、誰もがしたいシュートであります。 身長がある人ならいいですが、身長がない人はダンクシュートをあきらめていませ...
バスケのリバウンドが上達するコツ
今回はバスケのリバウンド時のスクリーンアウトについて紹介していきます。 バスケはリバウンド時にボールを取りに行くタイミングが一番大事とを考え...