今回はブロックされないためのシュートを打つためのコツをお教えします。バスケはフリーでシュートを打つチャンスは限られてきます。

どうしてもディフェンスがいる状態でシュートを打つ必要が出てきます。

シュートをブロックされないための秘訣は、ディフェンスとのスペースを空ける、ディフェンスとのタイミングをかえる、シュートを高く打つ、などがあります。

それでは、バスケのシュートがブロックされないようにするための練習メニューを紹介していきます。

スポンサーリンク


1.レイアップシュート

普通にレイアップシュートを打つようにリングに走りジャンプします。

空中でダブルクラッチしてリング裏からシュートを打ちます。ジャンプする方向を間違うとシュートが打てるポジションに来る前に着地してしまうので、自分のジャンプ力を見ながら調節するようにしましょう。

2.左右の手でシュートが打てるようになる

フックシュートが左右の手で打てるようになると、相手ディフェンスには脅威になります。練習では、左右交互にフックシュートと放つ練習をします。

最初はゴール下からのシュート練習を始め、慣れてきたらシュートの距離を少しずつ伸ばしていくようにしましょう。

シュートを打つ反対の手はディフェンスをブロックするような形にしましょう。

3.ミートジャンプシュート

フリースローのライン左右に何人か立ちます。一方の選手が走りだしたら、もう片方の選手がパスを出します。パスを出されたほうはミートと言って、ジャンプしながらボールを受け取ります。

着地したらすぐにジャンプシュートを放ちます。ボールを受けての着地からすぐにジャンプシュートが行えるように、着地するときの態勢に気を付けるように練習してください。

シュートをうった後は、次の選手が打ったシュートのリバウンドに入ってください。

4.ミートドリブルジャンプシュート

ミートドリブルシュートは、ミートシュート時にパスを受けてすぐにシュートしていましたが、パスを受けたあと一度ドリブルしてからジャンプシュートするようにします。

パスを受け取った後のジャンプから着地するときはドリブル・シュートがどちらも出来るような態勢にしてください。

ドリブル後からシュートも素早く態勢を切り替えてシュートします。このようにバスケのシュートをブロックされない方法はいくらでもあります。

これらを実現するためにはシュートフォームの基礎が出来ており、かつスピードを上げることが必要になります。

練習メニューをこなして頑張りましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケは両手でシュートやドリブルができなければディフェンスに動きをを読まれやすくなります。 左手のハンドリングを練習することで、両手で様々な...
バスケの基礎知識とルール
バスケは、実は体育館だけでなく外でも出来るスポーツです。今回は、バスケリングが公園にあったり、外にコート自体が合ったりしたときの初心者の方の...
バスケのフットワークが上達するコツ
バスケだけでなくスポーツには、フットワークと言うものが、存在します。これをおろそかにすると上達もしませんし、怪我にもつながります。今回は、フ...
バスケのシュートが上達するコツ
ダンクをすることは、バスケしたことがある人の全員の夢だと思います。今回はバスケのダンクの練習方法について紹介します。 ダンクはバスケの中でも...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでダブルドリブル(以下ダブドリ)は、バイオレーションの一つです。ダブドリの定義を知って防いでいけましょう。 1.基本的なダブ...