バスケはポストプレー時などターンしてからのシュートを打つことがあります。

ターンシュート時に大事なことは、ターンするときの勢いをちゃんと止めてジャンプしないと、体が流れてシュートがぶれてしまいます。

今回はバスケのターンシュートの練習メニューについて紹介していきます。

ターンジャンプシュートの練習メニューは以下になります。

1.ターンジャンプシュート

フリースローのライン左右に何人か立ちます。

一方の選手が走りだしたら、もう片方の選手がパスを出します。

パスを出されたほうはミートと言って、ジャンプしながらボールを受け取ります。

このときゴールを背にして着地します。着地したらターンしすぐにジャンプシュートを放ちます。

ボールを受けた後のターンからすぐにジャンプシュートが行えるように、ターンするときの態勢に気を付けるように練習してください。

シュートをうった後は、次の選手が打ったシュートのリバウンドに入ってください。

2.ターンドリブルジャンプシュート

ターンドリブルシュートは、ターンシュート時にパスを受けてすぐにシュートしていましたが、パスを受けたあと一度ドリブルしてからジャンプシュートするようにします。

パスを受け取った後のジャンプから着地するときはドリブル・シュートがどちらも出来るような態勢にしてください。

ドリブルはゴールを背に向けてドリブルし、ドリブル後からターンしシュートに向けて素早く態勢を切り替えてシュートします。

フリースローラインに一人ディフェンスをつけて、オフェンスの進行方向を左右どちらかを塞ぐような形でボールマンにプレッシャーを与えて、ドリブルを状況判断して左右に切り替える練習をすると効果が高まります。

3.ディフェンスのプレッシャーなしの練習

二人組を作って、シュートをうつ側とリバウンドする側に別れます。

ボールをパスされたら、フックシュートを左右交互に放ちますます。

シュートをうつときのポイントを意識しながら放つようにしてください。

リバウンドする側はリバウンドしたあとシューターにパスしてください。

4.ディフェンスのプレッシャーありの練習

今度はディフェンスのプレッシャーありの練習です。

リバウンドする側がシューターにパスしたあとはシューターにブロックしにいき、プレッシャーを与えます。シュートする側は反対の手でディフェンスがブロックにこれないように手でガードしてください。

ドリブルやフェイクを織り交ぜてディフェンスを振り切ってシュートにもっていきましょう。

バスケのターンシュートはフリーで打つ場面は少なく、ディフェンスがいるときに使う事がほとんどです。ディフェンスを背にしたときに、ディフェンスの状態によって左右どちらにターンするかを意識する練習メニューをこなすようにすると、練習効果が高まります。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスに必要なフットワークについて紹介していきます。 バスケのディフェンスはとにかく脚が動くことが前提になります。 常に...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケにおいてのジャンプシュートの基本的な考えや、ジャンプシュートの基本的な練習等をここでは、お話したいと思います。 1.ジャンプシュートは...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケをしている人なら、スピードのない選手でも、ドリブルで抜くところを見たことがあると思います。 なぜ、スピードがなくてもディフェンスを抜け...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはメンタルが必要になります。 試合終盤にシュートを決める必要がある場合、技術よりもメンタルが左右する場合が多いからです。...