バスケのシュートには回転をかけることが重要になってくるため、スナップが必要になります。

今回はバスケのシュートのスナップをかける練習メニューについて紹介していきます。

1.仰向けに寝てシュートフォームチェック

仰向けに寝た状態で、シュートフォームをとり真上にシュートを放ちます。

シュートを打つときに、手首のスナップと指の使い方について意識して練習します。

スポンサーリンク


真上にシュートしたあと、正確にまっすぐ投げることができれば同じ位置にボールが戻って来ますが、すこしでも斜めに打ってしまうと、同じところにボールが戻ってきません。

この練習でシュートを打つ方向がぶれなくなるまで練習しましょう。

2.立った状態で、シュートフォームチェック

今度は立った状態で、シュートフォームチェックを行います。仰向けに寝た状態での練習とは違い、今度はリングを狙わずにその場で自分よりも手前にシュートを放ちます。

立った状態なので、シュートを打ったあとに自分の手前にボールが落ちますが、正確な回転がかかっていれば地面にバウンドしてまた自分の手元に帰って来ます。

斜めに回転するようであれば、ボールは自分のところに戻ってきません。

この練習で、正しいボールの回転が出来るようにしましょう。

ボールにいい回転がかかるとリングに吸い込まれるようにしてシュートが入っていくようになります。

外れてリングに当たったとしてもボールの回転のおかげで跳ね返りが弱くなりリングに入りやすくなります。

3.ジャンプシュートフォームチェック

次はジャンプしてワンハンドを放つ、ジャンプシュートについての練習をします。

上半身の動きはセットシュートと同じで、今度はジャンプした状態でシュートを放ちます。

ボールをリリースするタイミングはジャンプが最高点に達した時に放ちます。

シュートを放つタイミングがずれるとシュートが安定しないので、

タイミングは同じにするように練習をしましょう。

こちらも鏡をみながらシュートフォームを意識して練習してください。

4.シュートの飛距離をすこしずつのばす

ゴール下からシュートを放ちシュートを決めたら、すこしずつリングから遠ざかります。

シュートを打つときに力んで打つ必要がある場合はその距離があなたが楽にシュートが打てる飛距離の限界です。

すこしずつ楽にシュートが打てる限界のラインを少しずつのばしていき、
最終的に3Pラインよりも外から打てるようになるようにします。

これらの練習メニューをこなして、バスケのシュートのスナップを身に付けましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはワンフォーと呼ばれる戦術があります。 ガードがトップに立ち、45度付近に二人、ポスト付近に立って、スクリーンプレー等を...