今回はバスケのシュートフェイクの使い方と練習メニューについて紹介していきます。

バスケはフリーでシュートを打つチャンスは少なく、ディフェンスがいるなかでシュートをする必要があります。

ディフェンスはシュート時にブロックに飛んでくるので、シュートフェイクでタイミングをずらす必要があります。

1.ジャンプシュートのフェイク

ジャンプシュートはジャンプしてシュートしますがフェイク時に本当にジャンプしてしまうとトラべリングになってしまいます。

スポンサーリンク


本当に飛ぶかのようにひざを曲げるところから始まり、ボールを頭のに持ってくるまでは、本当にシュートを打つときと同じ感覚で動かしましょう。シュートフェイク時はしっかりとゴールをみてフェイクをしなければ、相手に見破られてしまいます。

2.ポンプフェイク

ポンプフェイクはポンプを操作するようにみえるためつけられた技で、シュートフェイクを何度も行い、ディフェンスにいつ本当のシュートを打つか迷わせる方法です。

バスケ上級者はこのポンプフェイクをしつこくやることで、ディフェンスをひっかけることが多いです。

3.シュートフェイクの後に連続でシュートを決める

ゴール下になればなるほどブロックが飛んでくる確立が高くなるので、シュートフェイクを多用します。

シュートフェイクした後にゴール下のシュートを連続で10本決めるなどの練習をします。10本連続で決めれなかった場合はペナルティを与えます。

4.ディフェンスをつけて練習する

オフェンスとディフェンスで別れて、いろいろなシュートフェイクを織り混ぜてシュートする練習をします。

オフェンスは紹介していきますフェイクした際にディフェンスがどのような反応をするか注意深くみていきましょう。

デフェンスはオフェンスの視線を見てシュートを読む事があるので、目線はゴールを見ることで、よりデフェンスをひっかけることができます。

ディフェンスがフェイクにひっかかった後は次の動作に素早く写りましょう。

ディフェンスがフェイクにひっかかった場合は、オフェンスに近寄るか、ジャンプブロックをしてくる確立が高いです。

練習では制限時間を設けて、制限時間内にシュートが打てなければペナルティを与えるようにします。

このようにバスケのフェイクをすることで、ブロックされる確立を落とすことが出来ます。

練習メニューをしっかりこなして意識しなくてもシュートフェイクが出来るようになりましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルはボールを使って常に練習することが大事になります。 練習開始前のランニングをするときもボールを使って練習をしましょう。 今回...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのトラベリングは、1番試合中に審判が判定しているバイオレーションの代表的なものです。ここでは、トラベリング自体のお話とレイアップ時のト...