ダンクをすることは、バスケしたことがある人の全員の夢だと思います。今回はバスケのダンクの練習方法について紹介します。

ダンクはバスケの中でも華のある技として有名です。ダンクをするためには3Mほどのリングの高さまで手を伸ばす必要があります。

方法としては身長を伸ばす方法とジャンプ力を伸ばす2つの方法がありますが、身長を伸ばすのは練習では難しいので、練習ではジャンプ力を伸ばすのが中心になります。

スポンサーリンク


1.身長を伸ばす

身長を伸ばすためには成長ホルモンを分泌させる事が必要です。バランスのよい食事をとり、規則正しい睡眠をとりましょう。

身長を伸ばすための栄養は、たんぱく質、カルシウム、亜鉛をとると、有効です。上記が手軽にとれるサプリメントをとるとよいです。

夜の10時から深夜2時ぐらいが一番成長ホルモンがでやすいので、その時間に合わせて睡眠をとるようにしましょう。

また、姿勢の適正やストレッチ等で、体のバランスを整えることで身長を伸ばすことが出来ます。猫背やO脚の方には効果があります。

2.ジャンプ力を伸ばす

ジャンピングスクワットを行い、ジャンプにひつような、ハムストリングやふくらはぎの筋力を伸ばします。また、つま先だけで体を持ち上げるなど足裏の筋力トレーニングも有効です。

3.ボールをつかむための握力をつける

ダンクをするときはボールを片手でつかむ必要があります。つかむ場合はボールをつかむための握力が必要です。

地面に置いたボールを片手の手づかみで持ち上げるなど、普段からボールを片手でつかむ練習をしましょう。

4.スタミナをつける

試合中は走り続けるので、スタミナを消耗します。その中でダンクをするためにはかなりのスタミナが必要になります。持久力系の練習でスタミナをつけましょう。

5.まとめ

筋力トレーニングをした後、48時間から72時間の間に筋肉が超回復といって強くなります。したがって、筋力トレーニングを連続で続けたからといって、すぐに筋力がつくわけではないのです。

筋力トレーニングを休むことも考えて鍛えるようにしてください。また、筋力を鍛えすぎるとオーバーワークによって、関節を痛めてしまいます。

また必要な栄養素が骨格にいかないので、身長が伸びなくなってしまうこともあります。成長期である場合は、筋トレのし過ぎには気をつけましょう。

バスケは高身長の選手が多いですが、170センチ台でもダンクができる選手がいるので、身長がない選手もあきらめずにトレーニングに励みましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケはシュート時に肘をよくつかいます。 もし痛みがある場合は、練習を続けても効果が低くなるので、練習を休みましょう。 肘の痛みが出る前に筋...
バスケの基礎知識とルール
初心者にバスケを教えるのは、意外と難しいです。でもきちんと教えることが出来れば、教える方も教わるほうも非常に楽しいと思います。ここでは、バス...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケの基礎知識とルール
バスケ初心者だけでなく、プレイヤーにとって一番重要なバッシュ、この選び方を少しお話します。 1.バッシュの選び方 バスケ初心者が、バッシュを...