バスケのジャンプシュートで高さを得ようとした場合に、実はジャンプシュートだけをしても高さは得られないことが多いです。このことについてお話します。

1.ジャンプシュートってどうやって打っているの

一言でジャンプシュートといっても、バスケのジャンプシュートってどうやって成立しているのでしょうか。ジャンプした力をうまく、上半身や腕に伝えることが出来ることで、高さのあるジャンプシュートが成立しています。

スポンサーリンク


言い換えると、屈強な下半身と、しなやかな膝から指先がないと、バスケのジャンプシュートは、成立しません。

これは、現時点で精一杯のジャンプシュートを行っているとします。ここから、無理をしたジャンプシュートをしても、上達しないですし、無理なシュートフォームになるということです。

単純にいうとジャンプシュートの高さによってシュート確率が、異常に落ちるということです。バスケの試合では、勝つ確率も落ちるということです。

2.では、どうやって高さを得るか

普段のバスケの練習では、自分の出来るジャンプシュートを精一杯打ってください。これは、いつもと変わらず行ってください。

これは、現時点でのジャンプシュートを現時点での高さで反復練習することで、シュート確率を上げるためです。

これは、バスケの上達には必要不可欠な練習なので必ず、出来るだけ多くのジャンプシュートを練習して下さい。

では、高さを得るための練習は、どんなものがあるのでしょうか。ズバリ、足腰を鍛える運動と体幹を鍛える運動です。

つまりは、現時点での1番シュートが入る高さが、現時点では、ベストということです。あくまでも、現時点でのベストということです。

これは、現在の足腰の強さと体幹では、このくらい出ないとジャンプシュートが、連続的に且つ、確率よく打てないということです。

ですから、足腰の鍛錬と体幹の鍛錬をしていくと、次第にその高さのボーダーラインが、上がっていくと思います。

バスケで上達してきたと、感じる部分でも有ります。この足腰の鍛錬と体幹の鍛錬で、知らず知らずに高さが出ても、打てるようになってくると思います。

実は、ただ高さを求めたシュートを練習しても上達が遅くなり、シュートフォームが崩れてしまうと思われます。

高さのあるジャンプシュートを得るには、意識して高さを得ることを考えないで、自然に高さのでる状態に身体を鍛えることが、大事だと思います。

ジャンプシュートの高さを得るための基礎練習を行い、バランスのよい高さの有るジャンプシュートを常時打てるようにしてください。

このジャンプの高さの確保は、ジャンプシュートだけに留まらず、必ずバスケ自体の向上にもつながっていくと思います。

綺麗なジャンプシュートは、回りが見ても、感動するときが有ります。このようなシュートは、バスケのプレーヤーの憧れでも有ります。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのリバウンドが上達するコツ
バスケのオフェンスリバウンドは、なぜ重要かということと、オフェンスリバウンドのとり方に関してお話いたします。 1.なんでオフェンスリバウンド...
バスケのシュートが上達するコツ
最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。 1...
バスケのパスが上達するコツ
バスケではリバウンドをした後は、ディフェンスの時は速攻のチャンスが出来るため、早く前の選手にパスをする必要があります。 また、オフェンスの時...
バスケが上達するトレーニング法
バスケのトレーニングは体育館以外でも出来ます。 プールでのトレーニングをすると水の抵抗があるため、普段使わない筋肉をつかうことで瞬発力などを...