今回はバスケのシュートのイメージトレーニングのやり方と効果について紹介していきます。

バスケはその時の状況を瞬時に判断してシュートを打つのか、パスを出すのかを判断する必要があります。

判断を早くするためには、実際の練習も必要ですが、イメージトレーニングをすることによって更に練習効果を上げることが出来ます。

では、これからバスケのシュートのイメージトレーニングの練習メニューについて紹介していきます。

スポンサーリンク


1.シュートフォームを繰返しイメージする

シュートを決める自信を持つためには、ひとつひとつのシュート動作をイメージすることによって、シュート動作にブレがなくなりシュートが安定します。

結果的にシュートに自信がもてるようになります。

2.シュートセレクションをイメージする

バスケは試合中の状況によっては、シュートを打ってはいけない場面があります。

例えば、試合終盤で自チームが勝っている場合にシュートを打ってしまうと、シュートが入ればいいですが、外してしまうと、相手にボールをとられて点を入れられてしまうチャンスを与えてしまいます。

逆に24秒オーバタイムが迫ってきている場合に、シュートを打たなければ、相手チームのボールになってしまいます。

このように様々な状況をイメージして、自分がどのように動けばよいかイメージするようにしましょう。

3.プレッシャーがかかる場面をイメージする

バスケは残り数秒でフリースローを決めれば逆点出来るなどの状況になる場合があります。

自分がその場合になったときに緊張しないように、普段からその状況や雰囲気をイメージして、緊張するのを防ぐようにします。

イメージはではかならずシュートを決めるところまでイメージするようにしましょう。

4.シュートの名手であることをイメージする

自分がシュートの名手であることをイメージすることによって、潜在意識の中で自分が名シューターであることを認識させると、よりシュートを外すイメージがなくなるため、シュートが外れなくなります。

その他にも優勝カップやベスト5に選ばれていることもイメージしてみましょう。

これらの練習メニューをこなすことで、シュート力は向上し、尚且つ状況判断の優れた選手に近づくことが出来ますし、プロも欠かさず行っているトレーニングです。

イメージトレーニングは時間も場所もとらないのでいつでもイメージトレーニングをすることが出来ます。

暇を見つけて練習に励みましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのトラベリングは、1番試合中に審判が判定しているバイオレーションの代表的なものです。ここでは、トラベリング自体のお話とレイアップ時のト...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは肘の使い方によって、速いパスが出来るか変わってきます。 例えばチェストパスなどは、パスをだす際に肘を大きく曲げると思いますが、...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのシェルディフェンスの基本について紹介していきます。 シェルディフェンスとはカバーを徹底して、貝殻が閉じるようにディフェンスを固...
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンスの基本的な動きについて、練習メニューと一緒に紹介していきます。 バスケのオフェンスで一番点をとる確立が高いポイントは...