今回はバスケのフックシュートの投げ方とコツと練習メニューについて紹介していきます。

バスケのフックシュートは体と手の長さを使ってディフェンスのブロックを防ぎながらシュートする方法です。主にセンタープレイヤーがゴール下でポストアップした際に使う技です。

シュートする際はボールを胸の位置に構え、ゴールとは正対しないようにします。シュートモーションにはいったら、シュートする手でボールを持ち上げながら、ジャンプをします。

スポンサーリンク


ボールが最高点に達したら、手首のスナップをきかせて、シュートを放ちます。シュートを放つ反対の手は相手ディフェンスをブロックするような形をとってください。

シュートを放つポイントが最高点の時にするのがコツになります。ドリブルして横にスライドしながらシュートする方法もあり、フェイクやドリブルを織り交ぜるとバリエーションに富んだ攻撃が出来ます。

フックシュートの練習メニューには以下のメニューがあります。

1.ディフェンスのプレッシャーなしの練習

二人組を作って、シュートをうつ側とリバウンドする側に別れます。ボールをパスされたら、フックシュートを左右交互に放ちますます。

シュートをうつときのポイントを意識しながら放つようにしてください。リバウンドする側はリバウンドしたあとシューターにパスしてください。

2.ディフェンスのプレッシャーありの練習

今度はディフェンスのプレッシャーありの練習です。リバウンドする側がシューターにパスしたあとはシューターにブロックしにいき、プレッシャーを与えます。

シュートする側は反対の手でディフェンスがブロックにこれないように手でガードしてください。ドリブルやフェイクを織り交ぜてディフェンスを振り切ってシュートにもっていきましょう。

3.さらにプレッシャーのかかる状態での練習

今度はさらにディフェンスのプレッシャーがかかる状態での練習をします。オフェンス1人に対してディフェンスが2人ついて同時にプレッシャーをかけます。

オフェンスはドリブルとフェイクを織り交ぜながらプレッシャーが掛かる状態でフックシュートを打ちます。この練習でディフェンスのプレッシャーをものともしないシュート力が養われます。

バスケのフックシュートはディフェンスが厳しい中でもシュートを打てるので、ここぞと言うときに、正確シュートが打てるように練習しましょう。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルでダブルドリブル(以下ダブドリ)は、バイオレーションの一つです。ダブドリの定義を知って防いでいけましょう。 1.基本的なダブ...