今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に用います。

主に女性がよく使うシュートです。数は少ないですが、男性でもこのシュートを使っている人がいます。

両手シュートを出すやり方としては、チェストパスを出すときの構えから額までボールを持っていき、両手を使ってシュートを放ちます。

スポンサーリンク


両手の力を均等にしないと、まっすぐ飛んでいかないので注意が必要です。シュートを打ったあとは手の甲どおしが当たるようにします。

指先は両手の人差し指がリングの中心を指すようにします。手首をスナップしてしまうと左右に力が加わり、ボールが曲がる原因にもなるので、手首を回内させるエネルギーでボールを飛ばすようにします。

それでは、両手シュートの練習メニューを紹介していきます。

1.ミートジャンプシュート

フリースローのライン左右に何人か立ちます。一方の選手が走りだしたら、もう片方の選手がパスを出します。パスを出されたほうはミートと言って、ジャンプしながらボールを受け取ります。

着地したらすぐに両手でジャンプシュートを放ちます。ボールを受けての着地からすぐに両手でジャンプシュートが行えるように、着地するときの態勢に気を付けるように練習してください。

シュートをうった後は、次の選手が打ったシュートのリバウンドに入ってください。

2.ミートドリブルジャンプシュート

ミートドリブルシュートは、ミートシュート時にパスを受けてすぐにシュートしていましたが、パスを受けたあと一度ドリブルしてから両手でジャンプシュートするようにします。

パスを受け取った後のジャンプから着地するときはドリブル・シュートがどちらも出来るような態勢にしてください。ドリブル後からの両手シュートも素早く態勢を切り替えてシュートします。

フリースローラインに一人ディフェンスをつけて、オフェンスの進行方向を左右どちらかを塞ぐような形でボールマンにプレッシャーを与えて、ドリブルを状況判断して左右に切り替える練習をすると効果が高まります。

両手シュートは両手で打つぶんコントロールが乱れる傾向にあります。左右の手筋力が同じようになるように意識するとよいです。両手シュートを打つまでの動きについては、ワンバンドシュートと変わりませんので、練習メニューをあえて変える必要はありません。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは肘の使い方によって、速いパスが出来るか変わってきます。 例えばチェストパスなどは、パスをだす際に肘を大きく曲げると思いますが、...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケのシュートフェイクの使い方と練習メニューについて紹介していきます。 バスケはフリーでシュートを打つチャンスは少なく、ディフェンス...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスにはディフェンスを惑わすトリッキーなパスがいくつも存在します。 どれも難しいパスばかりですが、試合で使えれば、とても勢いがつくで...