最近特にルーティンという言葉をよく耳にします。実は、昔から有る動作ですが、これを行うことで、フリースローに取って、良い部分をお話します。

1.フリースローのルーティンとは

よく野球のイチロー選手が、バッターボックスで、毎回同じ動作をしてバッティングフォームを固めるシーンがあります。 これが、ルーティンです。

バスケのフリースローの際にも、皆さんが意外と行っているルーティン、しかし毎回同じ人は、少ないのが現状です。

スポンサーリンク


これは、ルーティンではなく、気まぐれ動作、緊張動作という一面もあることに置き換えられます。毎回一定の動作では、ないからです。

ルーティン自体の上達も必要ということです。バスケのフリースローは、このルーティンとシュートを放つまでに5秒以内でないと、ならないということも有ります。

フリースロー権限を与えられて、審判からボールを渡されたら、5秒以内にシュートを打たないとバイオレーションになるからです。

意外と短いこの5秒を、有効的なルーティンの時間にすることもバスケにおいては、必要不可欠です。上達していくことで、確実にシュートを決められるようになりましょう。

2.フリースローのルーティンの種類

フリースローでのルーティンは、せいぜい2秒か3秒くらいしかありません。そうでないとバイオレーションになる確率が高いからです。

その限られた時間の中で、ルーティンを行う必要があります。では、バスケでのフリースロールーティンの種類を、ご紹介します

バスケで比較的多いのが、フリースローのセットの前に、ボールを一回ドリブルする、二回ドリブルする、三回ドリブルして、セットしてフリースローを行うことです。両手でドリブルする人、片手でドリブルする人、それぞれさまざまです。

又、ボールを両手で回転させて自分の指が、シックリくる状態にするという動作もあります。
後は、目をつぶって落ち着く人もいます。ボールを一回オデコにくっつける人もいます。

ルーティンを上達するためには、自分が1番しっくり来る動作を見つけ出す必要が、あります。結構時間が、かかる作業です。

一度自分のルーティンのスタイルが、決まってしまえばルーティン自体は、上達完了と思います。自分で完成と思っても、しっくり来ないときがあるとすれば、それは完了していないということです。

バスケのフリースロールーティンは、シュートを放つまでの5秒の間に、如何に自分が、落ち着いてシュートセットできるかが大切です。

ルーティンを行い、落ち着かない状態では、よいフリースローはできません。バスケにおいてフリースローは、唯一敵のいないシュートです。

確実に決められるルーティンを見つけて自分のものにして下さい。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケのハンドリングが上達するコツ
バスケ初心者の方が、始めてボールを触っておこなう練習が、ボールハンドリングと思います。 ここでは、ハンドリングを習得するためのお話をします。...