今回はバスケのシュートの中でも難しいシュートになるダブルクラッチシュートのやり方と練習メニューについて紹介します。

ダブルクラッチシュートはレイアップシュートを打つ際に1度シュートを打とうとしたボールを1度戻して反対の手でシュートすることを言います。

このシュートを打つためには長い滞空時間が必要になるためジャンプ力やボディバランスが必要になります。ダブルクラッチシュートをすることで相手のブロックをかわしてシュートすることが出来ます。

スポンサーリンク


NBAの選手でもダブルクラッチシュートを使うプレーヤーはマイケル・ジョーダンなど高いジャンプ力をもった、身体能力をもっているプレーヤーが多いです。高い身体能力が必要ですが、誰でも練習すれば出来るようになります。

それでは、バスケのダブルクラッチシュートの練習について紹介します。

1.レイアップシュート

普通にレイアップシュートを打つようにリングに走りジャンプします。空中でダブルクラッチしてリング裏からシュートを打ちます。ジャンプする方向を間違うとシュートが打てるポジションに来る前に着地してしまうので、自分のジャンプ力を見ながら調節するようにしましょう。

2.ディフェンスをつけてシュート練習する

ディフェンスがいなくてもシュートができるようになったら今度はディフェンスをつけてシュートをする練習をします。最初は軽いプレッシャーからはじめて段段とプレッシャーを強めていきます。

ダブルクラッチシュートを打つ時の状況判断はとっさの判断なので、ディフェンスの出方をよく見て、ディフェンスの動きによって動きを変えるように判断します。頭で考える時間はないので体が勝手に動くくらいに体に覚えこませるようにしましょう。

3.ジャンプ力を鍛える

ダブルクラッチシュートはとにかくジャンプ力がものを言います。スクワットジャンプや片足ジャンプなどの練習をこなし、ジャンプ力を上げます。

4.腹筋・背筋を鍛える

空中で体勢を変えるにはかなりのボディバランスが必要になります。空中で体勢を変えるには腹筋や背筋が必要になります。腹筋・背筋などの筋トレをして鍛えます。

バスケのダブルクラッチシュートは滞空時間などの身体能力が必要になりますが。試合で使えるようになれば、流れを掴むことが出来まうす。チーム内でも一目おかれるようになるでしょう。練習メニューをこなして周りと差をつけましょう!

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケにはマンツーマンディフェンスの他にゾーンディフェンスという守り方があります。 マンツーマンディフェンスが人に対して守るのと違いゾーンデ...
バスケのディフェンスが上達するコツ
バスケは得点差を縮めたい時にプレスディフェンスといって、普段のディフェンスよりも運動量を増やしてプレッシャーを強くするディフェンス方法があり...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスはバスケ上達にとても重要になってきます。パスをすることによって、ディフェンスを隙間を作り出すことが出来るからです。 パスは相手に...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケの1on1ディフェンスで大事なことについて紹介していきます。 1on1ではディフェンスが抜かれてしまうと、得点のチャンスが高くな...