バスケのもっとも重要な動きは、シュートです。これは得点を重ねていくスポーツですから当たり前のことですが、きちんとシュートフォームを確立しましょう。

1.一つ目はレイアップシュートとコツ.

初心者の方が、バスケでシュートを覚えるときには、大きく分けて二種類のシュートがあると考えてよいです。それぞれにコツがありますのでご紹介します。

先ず一つ目は、レイアップシュートです。これは動きながらシュートをする中での基本的に一番得点できる確率が高いシュートです。

初心者の方は、先ずこのレイアップシュートを習得してください。これが習得できることが上達へのカギになります。

では、レイアップシュートのコツはどういうものでしょうか。第一のコツは、動きながらのシュートなのでタイミングよくリズムよくが、コツになります。

「ホップ、ステップシュート」というようにトラベリングをしないように、リズムよくシュートを放ってください。シュートは入らなくてもかまいません。

先ずはリズムよくシュートを放つことが大事です。

これができたら今度は、この一連の動作の中でシュートを決める確率を上げるコツをご紹介します。初心者のシュートを見ているとやはり、シュートするときの手首が、非常にカチカチで固いことが見受けられます。手首を柔らかく使えることがコツになります。

柔らかくといっても、なかなか初心者の方には伝わらないことが多いです。実際にシュートを放った時に自分にしっくりくる手首の動きを見つけることが、1番大事で見つかると上達していきます。

このレイアップシュートは、初心者だけでなく経験者も反復練習をして上手になっていきます。入らないからと言ってあきらめずに、何度も挑戦して自分のタイミングやシュートのイメージを、充分に身に付けてください。

2.二つ目はセットシュートとコツ.

二つ目は、セットシュートです。このシュートは、初心者の方が練習を行う場合のコツは、自分が見て上手だなと思う人に、どうやってシュートを打つのか教えてもらう事が一番のコツになります。

このシュートは、勝手に自分の考えだけでシュートフォームを決めてはいけません。必ず変な癖がついてしまう前に、シュートフォームやイメージを聞いてからシュート練習をしてください。

初心者の方が実際にシュートのフォームを確立する場合は、先ずゴール近くからボードを使用して練習する事がコツになります。

近くからシュートをしていく練習を反復してだんだん遠くしていくということが、初心者のバスケにおいてのシュートは重要になります。

むやみやたらに遠くからのシュート練習は、避けた方が良いと思います。近くからのシュートが10本打って10本入るくらい上達したら、1mずつ距離を伸ばす位でちょうど良いと思います。

大人のゴールは、そもそも3m5cmの高さにあります。そしてゴールは45cmの直径です。

ボールの大きさは7号で24.5cmほどです。実はボールの倍近くゴールは大きいです。

練習すれば、必ず初心者でもシュートは入るようになり上達します。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
初心者の方が、バスケをする際には集団のスポーツという観点から中々動きがわからずどうしてよいかも解らないまま時間が過ぎてしまうということが多々...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのフリースローとは、一体どういうものか、きちんと決めるにはどうしたら良いかというお話をしたいと思います。 1.フリースローとは バスケ...
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのパスが上達するコツ
バスケのパスは正確にパスが出来なければ、上手く連携が出来ないため、正確なパスコントロールが要求されます。 今回はバスケのパスコントロールの練...