今回はバスケのアリウープのやり方のコツと練習メニューについて紹介します。アリウープ は空中でパスを受けてそのままダンクやシュートをする技です。

一見ダンクする事がアリウープと思われていますが、普通のシュートでも着地せずに空中でシュートすればアリーウープになります。NBAの試合を見るとよく目にする技で、バスケの中でも華のある技です。

スポンサーリンク


パスをする側とシュートする側のタイミングを合わせることが一番大事になります。シュートする側はパスする側にアリーウープする事を合図し、パスする側はシュートがしやすい箇所に正確にパスをする必要があります。

NBAではクリス・ポールとデアンドレ・ジョーダンがよく使います。一見するといとも簡単にアリーウープを決めているように見えますが、正確なパスと息のあったプレーがあるからこそ出来る技です。

それではアリーウープの練習メニューについて紹介します。

1.正確なパスを出す

狙ったところにパスが出せる、正確なパスを出す練習をします。パスを出す際に目標をさだめ、狙った位置にパスが出せるか練習します。

リング横のバックボードを目標にしたほうがいいでしょう。ドリブルしながらのことがおおいので、ドリブルしながらのパスも練習しましょう。

2.タイミングを合わせる

シュートする側とパスする側と分かれて、アリーウープをするためのタイミングを合わせます。最初は合図をして、ジャンプの最高点にパスを出すようにしましょう。

3.とにかく練習する

パスを受ける側と出す側のタイミングが大事なので、自分だけでは出来るようにはなりません。普段から合図を決めて、実際にアリーウープをする練習をしましょう。

4.まとめ

注意する点はパスをする動作がシュート動作に見られないようにしましょう。シュート動作であった場合はリングにあたるまえにボールをさわってしまうと、ゴールテンディングをとられてしまい。相手ボールになってしまいます。

難易度の高い技なので、失敗すると高確率で相手のボールになってしまいます。リスクを考えて使うようにしましょう。

試合中はディフェンスがいるのでなかなかアリーウープが出来る場面はでてこないです。セットオフェンス等であらかじめ定まった動きをしてアリーウープにもっていくような、動きをすることが出来れば成功しやすいです。

この技ができるようになればバスケの上級者間違いなしです。

  • バスケのフリースローでわざと外す理由と外し方
  • バスケで多いフリースローのルーティン
  • バスケのフリースローの打ち方
  • バスケ初心者のためのレイアップ講座
  • レイアップ時のトラベリングの種類と防止法
  • バスケでのレイアップシュートの完成方法
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスはチームプレーによってフリーのチャンスを作り出すことが出来ます。 スクリーンを使うことで相手のディフェンスを乱し、フリーの...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケ初心者にとって、意外と厄介なのが、フェイントです。このフェイントをマスターするのにどうしたら良いか、お話します。 1.初心者は、相手の...
バスケのディフェンスが上達するコツ
今回はバスケのディフェンスのバンプについて紹介していきます。 バンプはディフェンスに体を常に当てて、オフェンスの思い通りに動けないようにする...