バスケのリバウンドは勝負を左右する重要なプレーです。

毎日のトレーニングをすることで、体に覚え込ませる必要があります。

今回はバスケのリバウンドに必要な練習メニューやトレーニング方法について紹介していきます。

1.スクリーンアウトの練習

シュート動作に入ったらまずは相手の位置を確認して、距離をつめます。

重心を低く保ってお尻で相手を外に押し出して有利なポジションを取ります。

スポンサーリンク


相手は前に出てこようとするので、体で前に出てくるのを防ぎます。

ボールがリングに当たって跳ね返るまでこの体勢を維持するようにします。

うまくスクリーンアウトができると相手にジャンプがさせないようにすることが出来ます。

腕は広げますが、相手を押さえつけたり、手を絡ませたりするとファールになるので、気をつけます。

練習では二人や三人でリバウンド争いをして最後まで残った人は腕立て伏せなどペナルティを与えてもいいです。

2.リバウンドの位置を予測する

これはリバウンドの高等テクニックですが、
シュートの軌道をみると、だいたいどこにボールが落ちるかが予想が可能です。

例えば、高い軌道のシュートはリングに当たってリング付近に落ちやすい、
低い軌道のシュートはリングに当たって、リングから遠い位置に落ちやすいなどです。

リバウンドの落下箇所を意識して、スクリーンアウトの位置を調整すると、リバウンドを取れる確率が上がります。

3.筋力トレーニング

体の接触が多いので、体の筋力が強ければ強いほどよいです。

どんなに相手に押されても体が押し負けないように、上半身の筋力トレーニングをおこないます。

4.フットワークを徹底して練習する

リバウンドの基礎はフットワークになります。

フットワークの練習量が足りていないと、
体力が続かずやりたいリバウンドを発揮する事ができません。

フットワークは決して楽しいものではありませんが、
ひとつひとつの動きがディフェンスの練習になると意識して練習を続けるようにしましょう。

バスケのリバウンドはゴール下のセンターがするものと思われがちですが、
実際はポジションに関係なく、全員で参加するものです。

一人でもスクリーンアウトをしていない選手がいると、相手チームの選手が割り込んで、リバウンドをとられてしまうことがあるので、チームとしてスクリーンアウトを徹底することをオススメします。

このようにバスケのリバウンドの練習メニューやトレーニングを重ねることで、リバウンドの強いチームができるでしょう。

  • バスケのオフェンスリバウンドの重要性
  • バスケのリバウンドでやっておくべきトレーニング 方法
  • バスケのリバウンド時に必要な体幹
  • バスケのリバウンドに必要なジャンプ力
  • バスケのリバウンド時のタイミング について
  • バスケのリバウンド時に気を付けなければならないファール
おすすめの記事
バスケのパスが上達するコツ
バスケの指導に関して、指導者が、注意しないとならない点をお話したいと思います。特に年代によっても指導方法があると思います。今回は、パスの指導...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケにはマンツーマンディフェンスの他にゾーンディフェンスという守り方があります。 マンツーマンディフェンスが人に対して守るのと違いゾーンデ...