今回はバスケのリバウンドの練習について紹介していきます。バスケはリバウンドを制するものは試合を制すると言うぐらい、バスケには大事な動作になります。

リバウンドをするために一番大事なことは、敵チームの選手よりいかに有利な位置にポジションをとるかで決まって来ます。相手よりいいポジションをとるためにはボックスアウトと呼ばれる相手をフリースローラインの中に入れない技術が必要になります。

スポンサーリンク


それでは以下にリバウンドの練習メニューを紹介します。

1.ボックスアウト

シュート動作に入ったらまずは相手の位置を確認して、距離をつめます。

重心を低く保ってお尻で相手を外に押し出して有利なポジションを取ります。相手は前に出てこようとするので、体で前に出てくるのを防ぎます。ボールがリングに当たって跳ね返るまでこの体勢を維持するようにします。

腕は広げますが、相手を押さえつけたり、手を絡ませたりするとファールになるので、気をつけます。

2.力強いリバウンド

よいポジションが取れたら今度は、実際にボールをとる練習をします。基本はボールをしっかりみてジャンプし両手でボールをつかみましょう。

高い位置でボールをつかみたいときは片手で手を伸ばして取ります。ボールをつかむときは力強くボールを巻き込むようにキャッチしてください。ジャンプから着地するまでもボールは頭の上において、ボールを下げないようにします。

3.ボールをつかんだら下に下ろさない

ボールをつかんだあとは、着地したときに、相手からボールをとられる可能性があります。出来ればボールは頭の上か胸の位置に保ち、下におろさないようにしましょう。

4.リバウンドの位置を予測する

これはリバウンドの高等テクニックですが、シュートの軌道をみると、だいたいどこにボールが落ちるかが予想が可能です。

例えば、高い軌道のシュートはリングに当たってリング付近に落ちやすい、低い軌道のシュートはリングに当たって、リングから遠い位置に落ちやすいなどです。

5.まとめ

リバウンドはゴール下のセンターがするものと思われがちですが、実際はポジションに関係なく、全員で参加するものです。

リバウンドの数を上げていくことで相手のシュートを減らし、こちらのシュートのチャンスを増やしていくので。試合を有利にすることができます。

しっかりと練習し、ボールの支配率を上げていきましょう。

  • バスケのオフェンスリバウンドの重要性
  • バスケのリバウンドでやっておくべきトレーニング 方法
  • バスケのリバウンド時に必要な体幹
  • バスケのリバウンドに必要なジャンプ力
  • バスケのリバウンド時のタイミング について
  • バスケのリバウンド時に気を付けなければならないファール
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
今回はバスケのオフェンス戦術の考え方について紹介していきます。オフェンス戦術は自チームと相手チームの特性を考えて有効な戦術をとります。 例え...