バスケのオフェンスリバウンドは、なぜ重要かということと、オフェンスリバウンドのとり方に関してお話いたします。

1.なんでオフェンスリバウンドって重要なの

バスケのシュートの確率は、プロでも7割、3Pだと5割と言われております。そしてプロ以外の方のシュート確率は、もっと低く、よくて5割と言われております。

言い換えれば、半分のシュートが、バスケでは落ちていると言うことになります。ですから、オフェンスリバウンドを取れると言うことは、シュートチャンスを生むと言うことになるので、重要と言うことに成ります。

スポンサーリンク


バスケにおいて、リバウンドを制する者は、ゲームを制すると言う言葉が、あります。これは、オフェンスリバウンド、ディフェンスリバウンドともに制するものが1番ゲームに勝利することが、できると言うことです。

バスケの上達の中では、ディフェンスリバウンド・オフェンスリバウンドの上達は必須であります。NBAでもBリーグでもリバウンド本数が、タイトルになっております。

2.オフェンスリバウンドの練習

ディフェンスリバウンド同様、オフェンスリバウンドの練習は、先ずは、1対1でのリバウンドの練習からスタートします。

第三者が、シュートを外し、それを取り合う練習からスタートします。ディフェンスは、きちんとボックスアウトをしてきます。

それを、オフェンスリバウンドは、すり抜けたり、かわしたりする練習をします。因みに、ディフェンスよりも、オフェンスリバウンドのほうが、ボールの軌道を長く見られることが、多いです。

ですから、オフェンスリバウンドをする人は、ボックスアウトを外して、落下地点を予想する練習も必要となります。

上達してくると予測をたてることが、しやすくなってきます。それまでは反復練習を行っていきましょう。

次に3対3や5対5のときの、オフェンスリバウンドの練習です。

オフェンスは、基本的にゴール側に視線が向いています。つまり、全員が、ディフェンスよりもボールの軌道を長く見られると言うことになります。

ここに着目してください。それは、通常ディフェンスリバウンドは、ボールを取られまいと必死に全員でボックスアウトしてきます。

その後ボールを取りに行きます。オフェンスリバウンドは、軌道を見ながら、相手のボックスアウトをかわしてボールを取りに行きます。

軌道が見える分優位であると言うことは、1対1と変わりません。と言うことは、5人全員が、優位にあるということです。

ですが、バスケではディフェンスのほうが、リバウンドを占有している傾向が多いのが、実態です。それは、ディフェンス近くのペイントエリア内にシュートが、外れて落ちることが多いからです。

そこで、最近バスケにて多いのが、オフェンスリバウンドの飛び込みと言うものです。ペイントエリア内から少し離れた味方が、飛び込んできてオフェンスリバウンドをとると言うものです。

バスケが、上達してくると判断しやすいのですが、よりリングより遠い人のほうが、リバウンドまでの時間が、長く動きやすい性質を持っています。

又、ボックスアウトもスペースが、広いところで行われるので、比較的外しやすい傾向になるということです。

但し、この飛び込みオフェンスリバウンドは、上達していないと怪我につながることが非常に多いので、注意が必要なプレーです。

オフェンスリバウンドを制して、ゲームを制することが出来るよう、リバウンドの上達を全員がしていかないとなりません。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのオフェンスリバウンドの重要性
  • バスケのリバウンドでやっておくべきトレーニング 方法
  • バスケのリバウンド時に必要な体幹
  • バスケのリバウンドに必要なジャンプ力
  • バスケのリバウンド時のタイミング について
  • バスケのリバウンド時に気を付けなければならないファール
おすすめの記事
バスケが上達するトレーニング法
バスケには筋力がとても重要になるので筋トレが必要になります。 今回はバスケのハンドリングをしながらでも筋トレができる練習メニューを紹介してい...