バスケットポールが早く上達する為に、バスケ初心者にとってまず必要なスキルは、ボールを意識せずに扱うことが必要になります。

バスケットボールのプロ選手を見るとボールが体の一部かのように意識せずに扱っていると思います。 バスケットボールに慣れるための練習メニューについて紹介します。

1.ボールつまみ

胸の中心にボールを両手で持ちます。 その後どちらか片方の手でボールを強くつまんで、反対の手に移動させます。

スポンサーリンク


次第に手を広げるようにして、ボールを移動させる間隔を広げていきます。この時にボールの触った感触、縫い目などを感じながらやると効果的です。 かなりの握力を使うので握力もつきます。

2.ボール回し

ボールを頭から足下を軸にして手でぐるぐる回します。最初はゆっくりボールの感覚を確かめるようにして回し、どんどん早く回していきます。

反対回りもするようにしてください。 上達してきたら股の間を8の字に回します。

スラムダンクの桜木花道もバスケ部入部時はボール回しばかりしていましたが、それぐらい初心者には大切な練習だということです。

ボールの大きさの感覚がわかっていないと体にボールが触れてしまうので、しっかりと体にボールの大きさを染みこませるようにしてください。

3.ボール手のひら回し

ボールを片手で持って手をくるりと裏返して手の裏で持ち替えます。手の裏で持ち替えるとボールがこぼれ落ちそうになりますが、バランスをとって落ちないようにしてください。

一定時間バランスをとったら、また手をくるりと回して持ち替えます。 慣れてきたら持ち替えるスピードをだんだん早くしてください。左右の手どちらも練習するようにしてください。

4.まとめ

上記3つの練習メニューで共通して意識してほしいのは、かならず顔は正面を見てボールを見ないことです。 試合中はボールを見ながらドリブル・パスをすることはほとんどありません。

ボールを見てしまうとどうしてもボールをみて動くクセがついてしまい、いつまでも初心者から抜け出せないので注意してください。

これらの練習は一人でもどこでも出来るものばかりです。 練習前や練習後などバスケットボールリングがない場所などで練習するとよいです。 NBA選手も毎日ボールハンドリングを怠らずに練習しています。

初心者はボールが簡単に扱えずに苦労すると思いますが、この練習を繰り返すことで、次第にバスケットボールが手に馴染んでくるのが実感出来ると思います。

  • バスケ初心者の方の楽しい練習メニュー
  • バスケの筋トレ初心者編
  • バスケが上達するための初心者の基礎練習法
  • 初心者がバスケを一人で練習するときの方法
  • バスケの手首の使い方トレーニング
  • バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはフェイクなしではオフェンスを抜いたりすることはとても困難になります。 なぜなら、フェイクがなければ、ディフェンスにはオ...
バスケのドリブルが上達するコツ
バスケのドリブルはボールを使って常に練習することが大事になります。 練習開始前のランニングをするときもボールを使って練習をしましょう。 今回...