みなさんバスケの練習は頑張っていますでしょうか。今回は初心者から上級者まで使えるバスケの基礎的な練習メニューを紹介します。

1.ボールを回しながら歩く

その場でボールを回す練習メニューがありますが、今回は、ボールを頭・胴体の周りを回しながら前に進みます。前に進む際は前を向いてボールを見ないようにします。

今度は股をくぐるようにして回しながら前に進みます。慣れてきたら、スピードを上げて進むようにします。

立っているだけとは勝手が違って難しいので、練習してスピードを上げていきましょう。この練習によってボールハンドリングが向上します。

2.ボールを2個もってジグザグドリブル

ボールを2個持ってドリブルします。最初はボールをつくタイミングを合わせてつくようにして、慣れてきたらボールをつくタイミングを変えてつきます。慣れてきたらスピードを上げていくようにします。

普段1つのボールでドリブルしているのが、ボールが2個となるとボールをコントロールをするのはとても難しくなります。

左右のドリブルをつく力が変わると二つのボールのタイミングが変わってくるので、左右のドリブルをつく力が均等になるように注意しましょう。

この練習によって聞き手に左右されずにドリブルが出来るようになります。

3.バックボードに当ててリバウンド

二人組を作ってボールをバックボードにあてて跳ね返ったボールをジャンプしてリバンウンドします。このときもう一人は後ろから押したりプレッシャーをかけます。

リバウンドをする際に、ボックスアウトと言って、相手をリングの中に入らせない方法があるので、ボックスアウトをしてリバウンドのいいポジションをとるようにします。

プレッシャーに負けないようにリバンウンドする必要があるのでしっかりとポジションをとってしっかりとした体勢でリバンウンドするようにしましょう。

この練習によって体を張ったプレーやボールへの執着が強くなります。

4.まとめ

上記の練習メニューはバスケ初心者が行うメニューをすこし応用したものになっていますが、毎日続けることによって必ずハンドリングやドリブル力の向上に繋がります。

NBAのプロ選手も基礎練習は毎日やっており、上級者といっても基礎をおろそかにはできません。

練習をサボるとすぐに、ボールが手につかなくなるので、サボらず練習メニューを淡々とこなしていきましょう。

  • バスケ初心者の方の楽しい練習メニュー
  • バスケの筋トレ初心者編
  • バスケが上達するための初心者の基礎練習法
  • 初心者がバスケを一人で練習するときの方法
  • バスケの手首の使い方トレーニング
  • バスケのハンドリングの練習法「ボール回し」のやり方と効果
おすすめの記事
バスケの基礎知識とルール
バスケを初心者から社会人で始めるのは、結構勇気がいると思います。せっかく勇気を出して始めるのですがら嫌にならずに上達してほしいと思います。 ...
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケのオフェンスにはワンフォーと呼ばれる戦術があります。 ガードがトップに立ち、45度付近に二人、ポスト付近に立って、スクリーンプレー等を...
バスケのオフェンスが上達するコツ
初心者バスケの攻め方や、陥りがちな攻め方をお話します。上手に攻めて少しでも得点アップしましょう。 1.攻め方(オフェンス)でおちいりがちなこ...
バスケの基礎知識とルール
初心者がバスケの試合に勝つためには、どのようなことを練習して上達したら良いのであろうかを少しお話させていただきます。 1.初心者のシュート、...