バスケの指導に関して、指導者が、注意しないとならない点をお話したいと思います。特に年代によっても指導方法があると思います。今回は、パスの指導に関してお話します。

1.小学生の場合のパスの指導

小学生でパスの指導をする際は、対象の子供たちの身体が出来ていないことを、きちんと考慮して下さい。特に低学年の場合は、注意が必要です。

スポンサーリンク


パスの距離等は、出来るだけ短くしてほしいと思います。そしてパスは、バスケにおいて大事な動作になります。

小学生のパスを指導する際は、極力正確なパスの出し方、パスの受け方を覚えさせてほしいと思います。

上達してくれば、少し距離を伸ばすという感じでよいと思います。本来ロングパスを小学生は、使用することは少ないです。

無理に距離を伸ばすパスの練習は、子供たちの負担にしかなりません。そして、何より成長前の子が、殆どであることを指導者様は、頭に入れてほしい所です。

小学生にも個人差は、必ずあります。個人差は、皆が上達しても起こる事実です。パスは、バスケの大事な動作なので、個人差を少しずつ縮めていければと思います。

2.中・高生のパスの練習

この年代になると、パスは鋭いパスを出せるようになります。指導する際は、いろいろな種類のパスを練習させたらよいと思います。

特に注意したいのは、パスを出す時に相手に取り易く、そして相手の動きに合わせるパスを指導してあげてください。

実は、この年代に多いのは、パスを出すより、ドリブルをして攻めることが、楽しい学生が多くなります。それ自体は、良いことでも有ります。

しかし、バスケは一人では出来ません。したがって有効にパスを出すことは、試合では非常に重要になります。

このころの試合を見ていると、皆が皆ボールを持ったら、ドリブルして全く回りが見えていない光景を、よく見かけます。

典型的なことですが、ボールを持ったらドリブル、そしてそのドリブルが、以上に長く感じます。
パスの意味を理解して、きちんと上達しているチームには、そのような光景は、少ないと思います。

ですから、この年代は、パスの種類を増やすこと、パスの正確性を上達させること、見方の動きを把握するという気持ちを持つことが、大事と思います。

指導者する際は、この点に注意してバスケのパスとプレー全体の上達を図ると良いと思います。




バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材

✓バスケをもっと上手にカッコ良くプレーしたい!
✓毎日練習してるのに中々うまくならない…
✓パス、ドリブル、シュートが上手になるコツを知りたい!


そんなアナタにおすすめなのが、 「バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材」です。

バスケが驚くほど上達する練習メニュー教材は、 元トッププレイヤーやプロにも教える指導者が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にバスケが上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のバスケが上達する練習メニュー教材を紹介します。


  • バスケのパスを指導する際の注意点
  • バスケ初心者のパスの練習
  • バスケのあなたでも出来るトリッキーパス
  • バスケのパスタイミングをつかむ練習メニュー
  • バスケのパスに必要なセンス
  • バスケのリバウンド後のパス
おすすめの記事
バスケのオフェンスが上達するコツ
バスケ初心者の方がオフェンスをする際には、どのように動いてよいのか凄く悩むことと思います。特にバスケはチームスポーツであり、比較的狭いコート...
バスケのシュートが上達するコツ
今回はバスケの両手シュートについて紹介していきます。バスケの両手シュートは力が弱くワンハンドシュートのようにリングまでボールが届かない場合に...
バスケの基礎知識とルール
大人になってからバスケを始めるって、凄く勇気がいると思います。ここでは、大人でも20代、30代、40代からバスケを初心者から始める際の上達方...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのシュートには回転をかけることが重要になってくるため、スナップが必要になります。 今回はバスケのシュートのスナップをかける練習メニュー...
バスケのシュートが上達するコツ
バスケのトラベリングは、1番試合中に審判が判定しているバイオレーションの代表的なものです。ここでは、トラベリング自体のお話とレイアップ時のト...